EarthBi - 生物学が新しい時代に出会うとき

EarthBiは、「ERA」と呼ばれる「グリーン」部門のための特別なトークンユーティリティの作成を通じて、高い生分解性と品質および幅広い用途を特徴とするポリマーの製造と、仮想世界を組み合わせたものです。 このプロジェクトは、本質的には、独自の工業所有権(特許およびノウハウ)のおかげで生み出された革新的なバイオポリマーの普及を目的としています。 ERAトークンユーティリティを使用すると、購入者はバイオプラスチック製の最終製品に対してより大量の原材料(30%)または割引(BVWの平均市場価格の30%に相当)を取得できます。 ERAは特別なポータルを通じて購入し交換することができます。 EarthBiプロジェクトでは、宣言された品質と特性を顧客と消費者に保証するために、ブロックチェーン技術を使用しているため、生産チェーンの完全なトレーサビリティも利用できます。 最大容量のEarthBiパイオポリマーの入手可能性は、年間約60,000トンになります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ERA
開始日時
2018-11-01
終了日時
2019-07-07
最高目標
48,000,000 USD
初回価格
1.5600 USD
トークン供給数
760,000,000
公式サイトへ Owner of EarthBi?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率79,58%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

EarthBiは、「ERA」と呼ばれる「グリーン」部門のための特別なトークンユーティリティの作成を通じて、高い生分解性と品質および幅広い用途を特徴とするポリマーの製造と、仮想世界を組み合わせたものです。このプロジェクトは、本質的には、独自の工業所有権(特許およびノウハウ)のおかげで生み出された革新的なバイオポリマーの普及を目的としています。 ERAトークンユーティリティを使用すると、購入者はバイオプラスチック製の最終製品に対してより大量の原材料(30%)または割引(BVWの平均市場価格の30%に相当)を取得できます。 ERAは特別なポータルを通じて購入し交換することができます。 EarthBiプロジェクトでは、宣言された品質と特性を顧客と消費者に保証するために、ブロックチェーン技術を使用しているため、生産チェーンの完全なトレーサビリティも利用できます。最大容量のEarthBiパイオポリマーの入手可能性は、年間約60,000トンになります。このプロジェクトは、バイオポリマー生産の開始と実施として、自己資本と借金を利用することで達成されます。 EarthBi®プラスチックは既存の生産ラインを変更する必要なしに使用することができ、ボトルキャップのような複雑で詳細なプラスチック製品を印刷することが可能です。バイオポリマーは、既存の構造に特別な修正を加える必要なしに、通常の石油化学プラスチック加工工場で加工することができます。バイオポリマーは、包装、自動車、輸送、建設、飲料、生物医学的用途、化粧品、医薬品の産業分野で使用することができます。 EarthBi®バイオプラスチックの由来となる基本要素は、PLA - ポリ乳酸 - 特許取得済みです。

チーム すべてを見る

Claudio Caserta
Claudio Caserta
FOUNDER
Francesco Improta
Francesco Improta
FOUNDER
Alessio Altorio
Alessio Altorio
CO-FOUNDER
Mauro Pedretti
Mauro Pedretti
CO-FOUNDER
Riccardo Tos
Riccardo Tos
CO-FOUNDER CFO
Dario Castrichella
Dario Castrichella
CO-FOUNDER HR

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[