EarthBi - 生物学が新しい時代に出会うとき

EarthBiは、「ERA」と呼ばれる「グリーン」部門のための特別なトークンユーティリティの作成を通じて、高い生分解性と品質および幅広い用途を特徴とするポリマーの製造と、仮想世界を組み合わせたものです。 このプロジェクトは、本質的には、独自の工業所有権(特許およびノウハウ)のおかげで生み出された革新的なバイオポリマーの普及を目的としています。 ERAトークンユーティリティを使用すると、購入者はバイオプラスチック製の最終製品に対してより大量の原材料(30%)または割引(BVWの平均市場価格の30%に相当)を取得できます。 ERAは特別なポータルを通じて購入し交換することができます。 EarthBiプロジェクトでは、宣言された品質と特性を顧客と消費者に保証するために、ブロックチェーン技術を使用しているため、生産チェーンの完全なトレーサビリティも利用できます。 最大容量のEarthBiパイオポリマーの入手可能性は、年間約60,000トンになります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ERA
開始日時
2018-11-01
終了日時
2019-07-07
最高目標
48,000,000 USD
初回価格
1.5600 USD
トークン供給数
760,000,000
公式サイトへ Owner of EarthBi?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率79,58%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

EarthBiは、「ERA」と呼ばれる「グリーン」部門のための特別なトークンユーティリティの作成を通じて、高い生分解性と品質および幅広い用途を特徴とするポリマーの製造と、仮想世界を組み合わせたものです。このプロジェクトは、本質的には、独自の工業所有権(特許およびノウハウ)のおかげで生み出された革新的なバイオポリマーの普及を目的としています。 ERAトークンユーティリティを使用すると、購入者はバイオプラスチック製の最終製品に対してより大量の原材料(30%)または割引(BVWの平均市場価格の30%に相当)を取得できます。 ERAは特別なポータルを通じて購入し交換することができます。 EarthBiプロジェクトでは、宣言された品質と特性を顧客と消費者に保証するために、ブロックチェーン技術を使用しているため、生産チェーンの完全なトレーサビリティも利用できます。最大容量のEarthBiパイオポリマーの入手可能性は、年間約60,000トンになります。このプロジェクトは、バイオポリマー生産の開始と実施として、自己資本と借金を利用することで達成されます。 EarthBi®プラスチックは既存の生産ラインを変更する必要なしに使用することができ、ボトルキャップのような複雑で詳細なプラスチック製品を印刷することが可能です。バイオポリマーは、既存の構造に特別な修正を加える必要なしに、通常の石油化学プラスチック加工工場で加工することができます。バイオポリマーは、包装、自動車、輸送、建設、飲料、生物医学的用途、化粧品、医薬品の産業分野で使用することができます。 EarthBi®バイオプラスチックの由来となる基本要素は、PLA - ポリ乳酸 - 特許取得済みです。

チーム すべてを見る

Claudio Caserta
Claudio Caserta
FOUNDER
Francesco Improta
Francesco Improta
FOUNDER
Alessio Altorio
Alessio Altorio
CO-FOUNDER
Mauro Pedretti
Mauro Pedretti
CO-FOUNDER
Riccardo Tos
Riccardo Tos
CO-FOUNDER CFO
Dario Castrichella
Dario Castrichella
CO-FOUNDER HR

人気STO/ICO記事

  • 【中級・上級者向け】仮想通貨トレードの機会損失を防ぐ「Proアラート」リリース

    仮想通貨アプリ・コイン相場がついに有料会員制度・プレミアム会員をリリースしました!その中でも一番の目玉の機能はです。Proアラートとは、簡単にいうと価格アラートの上位互換版です。これまでの価格変動アラートに加えて、やを、コイン相場のPUSH通知でユーザーの皆様にお知らせする機能です。常にチャートに張り付いてトレードをしている方でも、多くの通貨ペアを同時に追い続けるの、苦しく無いですか?その点、Proアラートでは対応している取引所の全ての通貨ペアの分析をし、重要な局面の時だけ、ユーザーに教えてくれます。Proアラートがあれば、、、これで、これまで取りこぼしていたチャンスも、拾うことができた
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人