DeepCloud - 次世代クラウドコンピューティング

DeepCloud AIは、IoTとWeb 3.0 dAppの分散アプリケーションを実行するための、AI主導の分散型クラウドコンピューティングプラットフォームを構築しています。 分散型クラウドとAIマッチングエンジンで超過容量を共有する目的で、エンタープライズレベルのユーザーや個人のコンピューティングリソースとストレージリソースのスポット市場を提供します。 アプリケーションはピアツーピアリソース上の安全なサンドボックス内で実行され、すべてのトランザクションはスマートコントラクトを介してブロックチェーン上で管理されます。ディープクラウドAIは分散型アプリケーションのための革新的なクラウドインフラストラクチャを提供することができ、リソース管理のために人工知能(AI)を活用することで、ブロックチェイン、IoT(Internet of Things)やAIのエッジが誕生しました。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
DEEP
開始日時
2019-01-01
終了日時
2019-03-01
最低目標
8,000,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
0.2500 USD
トークン供給数
80,000,000
公式サイトへ Owner of DeepCloud?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

DeepCloud AIプラットフォームはブロックチェーンには依存しません。 最初のバージョンでは、当社の分散クラウドのエンタープライズ顧客向け市場への展開をスピードアップするため、Nebulasと最初のチェーンとして提携しました。

私たちは独自のブロックチェーンを並行して開発しており、2019年第1四半期にDeepChain Testnet MVPを開始する予定です。ブロックチェーンは、ブロックチェーンベースのWeb 3.0 dAppsとIoTアプリケーションのエンタープライズ/政府顧客のニーズに重点を置いています。

チーム すべてを見る

Max Rye
Max Rye
Chief Executive Officer
Geeta Chauhan
Geeta Chauhan
Chief Technology Officer
Joseph Vargas
Joseph Vargas
Principal AI/Cloud Architect
Miroslav Sala
Miroslav Sala
Chief Marketing Officer
Felix Castro Rodriguez
Felix Castro Rodriguez
Head of Development Team South America Region
Benson Leung
Benson Leung
Project Management Director

人気STO/ICO記事

  • 一目で丸わかり!仮想通貨取引所ランキング |手数料徹底比較

    ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料 ★★★★☆ 取引所 : Maker:-0.01%、Taker:0.05% ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日 ★★★☆☆ レバレッジ(ショート) : 0.04%/日★★★★★ 送金(btc) : 無料 ★★★★★ 送金(主要アルト) : 無料 ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料    ーーーーー 取引所 : ー ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日
  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調