CRYCASH - ゲーマー向けの専用仮想通貨

CRYCASHはカスタマイズされたサービスのエコシステムを備えたゲーマーやゲーム開発者のすべてのニーズを満たす最初の仮想通貨です。Plinkは、プレーヤーがゲーム時間を収益化し、コミュニケーションし、コラボレーションできる専用モバイルアプリケーションです。 ゲーム内の資産とサービスのマーケットプレイス。 eSportsの賭けとイベントのサイバースポーツプラットフォーム。 ゲーム開発者向けの広告プラットフォーム。 CRYCASHはCrytekの世界的に有名なベストセラーとの統合を既に確認しており、より多くのパートナーが参入します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CRC
開始日時
2017-12-12
終了日時
2018-01-15
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of CRYCASH?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, BCH, ETH, LTC, DASH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • First 120H - 15%
  • More than 200ETH - 20%

概要

CRYCASHは、独自のユーティリティートークン「CRC」で動作するゲーマー向けの独自仕様の独立したエコシステムです。エコシステムとしてCRYCASHは、ゲーム開発者向けの革新的な技術に基づいたマーケティングツールを作成し、ゲーム開発者が設定したタスクを完了し、仮想商品を購入し、サイバーポートトーナメントに参加することでゲーマーにCRCトークンを受け取る可能性を与えることによって、そのため、CRYCASHはPlinkアプリケーション、広告プラットフォーム、取引ゲームとゲームアイテムのための分散型マーケットプレイス、Cyber​​sport Platformの4つのコンポーネントで構成されるエコシステムを構築します。最初のものは、CRYCASHトークンのメッセンジャーとウォレットとして機能します。開発者は安全な支払い方法としてPlinkを使用し、開発者がゲームに参加する方法を再考するユーザー獲得チャネルを使用します。このエコシステムは、Crytek GMBH、Plinkおよび他のサードパーティ開発者と協力して構築されます。 CRYCASH Foundationは、CRYCASH(CRC)トークンと呼ばれるERC-20デジタルトークンを発行します。これらはCRYCASHエコシステムの支払い方法として使用されます。ゲーム開発者は、CRCトークンを使用して製品を宣伝し、ゲーマーを引き付け、ゲーム内での購入のための通貨としてそれらを使用し、ゲームタスクを完了するための報酬を受け取ります。

ゲーム開発者や広告主様は、CRYCASHプラットフォームで提供されているサービスには、CRCトークンと決済通貨を使用して支払いを行う可能性があります。ゲーム開発者や広告主様が現金で支払いを行う場合、CRYCASH財団は、タスクを完了したゲーマーに支払うために、CRCトークンの買戻しを行います。 CRYCASH財団は20%の手数料を、それにはPlinkの10%の手数料が含まれます。さらに、CRCトークンにより、ユニークなコンテンツへのアクセスが可能になり、Warface(トルコ)、CRYENGINEマーケットプレース、将来の製品などCrytek GMBHによって開発された製品の支払い方法の1つになります。クリエイティブマーケットプレイスは、CRYCASH分散型ゲームエコシステムに参加する最初の市場となります。ただし、後で企業や開発者はSDKを使用してCRYCASHプラットフォームに参加することができます。

CRYCASH FoundationとCrytek GmbHとの協力は、シナジー効果を生み出し、ユーザーが早期にCRYCASH分散型ゲームエコシステムの機能のほとんどを楽しむことができるため、両当事者にとって非常に重要です。 PlinkはCRYCASH Foundationと協力してPlinkによって開発されているアプリケーションです。これは、CRYCASHトークンホルダーのウォレットとして使用される最初のアプリケーションになります。加えて、Plinkは、ゲームでの成果を追跡し、ニューラルネットワーク技術を用いて協力ゲームのための新しい友人を見つけることを可能にする、ゲーマー向けの最初のアプリケーションです。このアプリケーションはCRYCASH Advertising Platformと統合されています。実績を追跡する技術により、ゲーム開発者はPlink内のゲーマー向けのタスクを作成できます。ゲーム開発者が設定したすべてのタスクを完了すると、CRYCASHトークンで報酬を受け取ることになります。

チーム

Wachtang  Budagaschwili
Wachtang Budagaschwili
Chief Executive Officer
Daniel  Tamas
Daniel Tamas
Chief Technology Officer
Sally  Shen
Sally Shen
Chief Business Development Officer
Michael  Levin
Michael Levin
Chief Marketing Officer
Sandro  Kvlividze
Sandro Kvlividze
Chief Product Owner
Evgeniy  Evgrafov
Evgeniy Evgrafov
Lead Developer

人気STO/ICO記事

  • ふるさと納税でビットコインを無料でゲットしよう!

    ビットコインが欲しいけど、相場変動が激しく絶対に溶かしてしまう気がするから買うのはやめよう!という方に朗報です。Coinpoinを通じ、ふるさと納税を行うと商品を買うことでビットコインが無料で手に入ります!ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附(商品の購入)をすることで、所得税や住民税の還付・控除が受けられる制度のことです。多くの自治体では地域経済活性化のために、色々な商品を用意しています!ふるさと納税に関するより詳しい情報・寄附可能額を調べるには以下の順番でお進みください。「でビットコインを貯める」→「詳細内容確認」→「商品購入」この順番でアクセスし、商品を購入することで記録(ログ)が残
  • 韓国UPbitハッキング被害発表・・被害額53億円相当(ETH342,000枚)

    韓国、最大級大手取引所UPbit(アップビット)は580億ウォン相当ののETH(イーサリアム)342,000枚の不正出金が発生したことを27日18時ごろ発表した。出金先のウォレットのアドレスは0xa09871AEadF4994Ca12f5c0b6056BBd1d343c029でUPbitが分からないウォレットであると説明している。仮想通貨の出金が一時停止されたのは27日の午後2時16分頃だった。<ins></ins>UPbitを運営しているDunamuの体表理事イ・ソクウです。まず、UPbitを利用しているユーザーの皆様にご心配をおかけし、大変申し訳ございません。2019年 11月 27日 午
  • 【API連携】BitMEX/ビットメックスの取引や資産管理を効率化

    【API連携】BitMEX/ビットメックスの取引や資産管理を効率化の取引や資産管理を効率化する方法をご存知でしょうか?が公開している公式APIを活用すれば、コイン相場アプリに連携し取引が可能になります。通常、APIはプログラミングの知見がない方にとって、活用ハードルが高いですが、コイン相場では簡単にAPIが連携でき、ポートフォリオ管理や取引を効率化することができます。ここでは世界最大級の先物取引所であるのAPI取得方法とへのAPI連携方法をご紹介させていただきます。BitMEXはBTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH (イーサリアム)、LTC (ライトコイン)