Cosmos - 新しいトークン経済の基盤

Cosmosは、互いに拡張し相互運用できるブロックチェーンのエコシステムです。 Cosmos以前は、ブロックチェーンは孤立していて、互いに通信することができませんでした。構築するのが難しく、1秒間に少量のトランザクションしか処理できませんでした。 Cosmosはこれらの問題を新しい技術的ビジョンで解決します。 このビジョンを理解するためには、ブロックチェーン技術の基礎に戻る必要があります。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
ATOM
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Cosmos?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Cosmosは今日の最も難しいブロックチェーン問題を解決します

スケーラビリティ

Tendermint BFTは、Cosmos Proof-of-Stakeを強化するビザンチンのフォールトトレラントコンセンサスエンジンです。

使いやすさ

Cosmos SDKは、相互運用可能なアプリケーション固有のブロックチェーンを構築するためのモジュール式フレームワークです。

相互運用性

ブロックチェーン間通信(IBC)は、ブロックチェーン用のTCP / IPのようなメッセージングプロトコルです。

Cosmosは、Tendermintのような標準的なBFT合意アルゴリズムによってそれぞれ強化された、独立した並列ブロックチェーンのネットワークです。

このネットワークの最初のブロックチェーンはCosmos Hubです。 Cosmos Hubは、新しいブロックチェーン間通信プロトコルを介して他の多くのブロックチェーン(またはゾーン)に接続します。 Cosmos Hubは多数のトークンタイプを追跡し、各接続ゾーン内のトークンの総数を記録します。ゾーン間のコイン転送はすべてCosmos Hubを介して行われるため、ゾーン間の流動的な交換を必要とせずに、トークンをゾーン間で安全かつ迅速に転送できます。

このアーキテクチャは、アプリケーションの相互運用性、スケーラビリティ、シームレスなアップグレード性など、ブロックチェーンスペースが今日直面している多くの問題を解決します。たとえば、Bitcoind、Go-Ethereum、CryptoNote、ZCash、または任意のブロックチェーンシステムから派生したゾーンをCosmos Hubに接続できます。これらのゾーンにより、コスモスは世界規模の取引需要を満たすために無限に拡張することができます。ゾーンは分散交換にも最適です。これもサポートされます。

Cosmosは単なる分散型台帳ではなく、Cosmos Hubは壁に囲まれた庭園やその中心ではありません。暗号、健全な経済学、コンセンサス理論、透明性、説明責任の原則に基づいて、将来の金融システムのための新しい基盤として役立つことができる分散元帳のオープンネットワークのためのプロトコルを設計しています。

人気STO/ICO記事

  • 【FXとは?】特徴、仕組みなどを分かりやすく説明!

    FX(外国為替証拠金取引)とは、外国為替取引を「証拠金」で行う取引のことです。利益を得られる方法は大きく2つあります。1. 「価格変動」による為替差益2. 「スワップ」による金利差益ん。。まだ、見ても分からないと思いますが、詳しくは後ほど説明しますのでまずはFX取引には2つの方法で利益が得られることを頭に入れておきましょう。二つの方法で利益が得られるが、二つを同時に狙うことはとても難しいためベテランのトレーダーでも一般的には「価格変動」による為替差益を中心にトレードします。FX取引の最大の収益は、価格変動による為替差益から得ることができます。ビットコイン、金、株式など全ての投資と同様に安く買っ
  • Bithumbトークンの被害者らが関係者20名を刑事訴訟か・・ICOから-99%下落

    韓国の仮想通貨取引所Bithumbの買収を進めていた「BXAコンソーシアム(法人名 BTHMB)」が資金不足を理由に、残金が払えない状態になり買収のプロセスで発行された「BXAトークン」が問題になっている。15日、韓国の関連業界関係者によると、BXA投資家は「被害者の会」を組織し被害事例などの情報収集を行っているという。Bithumbトークンと呼ばれていたBXAトークンは日本でもツイッターなどを通じ、販売されていた。しかし、Bithumb Globalは11月12日るBithumb Chainにおけるネイティブトークン「BT」を新しく発表している。韓国のBXAトークン投資家たちは「BTHMB」
  • 取引所診断ツール11月版アップデートについて(Liquidの手数料変更対応)

    今年の8月30日にリリースしまし「ぴったり仮想通貨取引所診断」が11月を迎えて新しくアップデートされましたのでお知らせします。アップデートの理由はLiquidの取引手数料の政策の変更によるものです。以前、Liquidの取引手数料はすべて無料でしたが現在、0.05%(QASHでの支払い)、0.1%(QASH以外での支払い)などの条件で手数料が変更がありました。頻繁に取引するトレーダーの中でテイカーでの取引を好む方々にはテイカー取引手数料が無料だったLiquidをオススメしていましたが、今回の手数料変更によりテイカー取引の国内最低手数料はGMOコインになりましたので反映させていただきました。また、