coinadvisor - 暗号通貨トレーダーコミュニティのゲームチェンジャー

暗号 - クオンツ取引プラットフォーム 私たちは未来へスマートなゲートウェイを提供します。 当社製品の3つの柱は次のとおりです。 複数の取引所に接続された統一されたフロントエンドにより、トレーダーは異なる市場間でより良い注文を管理することができます。 トレーダーが独自のストラテジーを作成できるようにしたクオンツツールのセットです。これは、Pythonでプログラムされたパーソナライズドボットを作成することが実装されます。 より高度なトレーダーがさらに利益を得るために他の投資家に戦略を貸すことができる市場。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CADV
開始日時
2018-04-06
終了日時
2018-04-27
最低目標
300 ETH
初回価格
1 CADV = 0.001 ETH
トークン供給数
18,000,000
公式サイトへ Owner of coinadvisor?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率72%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 6 Apr - 100%
  • 13 Apr - 75%
  • 20 Apr - 50%
  • 27 Apr - 33%

概要

ブロックチェーン、スマートコントラクト、暗号技術は、伝統的な経済に関してゲームチェンジャーです。多くの活動が完全に革命的になるでしょう。全セクターは数十年で完全に消滅し、多くの仲介業者は役に立たなくなります。人々は真に信じていることを本当に望んでいるものを見つけるために一緒になっています。信頼は睡眠エネルギーを経済的かつ社会的にカードを再構築する破壊的な波で爆発させる新しい燃料です。

COIN ADVISORは、この混乱する波に乗って、仮想通貨コミュニティのためのワンストップショップと、誰でも利用できるヘッジファンドの技術とスキルをもたらす強力なトレーディングプラットフォームを構築しています。機械学習と人工知能はもはや大きな金融機関を排除するものではなくなります。プライベート開発者は、他の個人に戦略を借りて収益を上げることができるようになりました。さらに、いくつかの仮想通貨および伝統的なブローカーの口座を1つのインターフェースに統合することにより、取引、裁定取引またはヘッジ市場中立ポートフォリオの完全な導入がさらに容易になります。

CADVトークンの所有者は、取引シグナルを他のユーザーに引き渡して利益を上げることもできます。最高の自由貿易戦略提供者は、COIN ADVISORによって授与されます。

ICOを実行する主な目標は、単一のインタフェースまたはクラウドボットを介して異なる取引所から自由に仮想資産を取引できるプラットフォームとコミュニティを作成して開発することです。プロジェクトを立ち上げる方法は数多くありますが、ICOは潜在的な参加者のプールを広げるために選択しました。ICOは、世界中の人々に、COIN ADVISORのそれぞれの分野での指数的裏書きの見通しを得ることを可能にします。

チーム

Filippo La Ganga
Filippo La Ganga
Co-founder and C.E.O
Alessandro del Gallo
Alessandro del Gallo
Co-founder and C.T.O
Vincenzo Grasso
Vincenzo Grasso
ML-AI specialist
Stefano Scarrone
Stefano Scarrone
BackEnd developer
Ruben Cisternino
Ruben Cisternino
Communications & Marketing

人気STO/ICO記事

  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7