Chainlink - スマートコントラクトは、実在のデータ、イベント、そして支払いに関連する

ChainLinkを他のオラクルソリューションと区別するものは、完全に分散化されたネットワークとして機能する能力です。 この分散化されたアプローチは、単一の当事者への信頼を制限し、スマートコントラクトで評価される改ざん防止品質をスマートコントラクトとそれらが依存するAPIの間のエンドツーエンドの運用に拡張することを可能にします。 スマートコントラクトを外部から意識させる、つまりオフチェーンのリソースと対話できるということは、現在使用されているデジタル契約に取って代わるのであれば必要です。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
LINK
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Chainlink?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

スマートコントラクトに、データフィード、API、および支払いへの安全なアクセスを提供します。

任意の外部APIに接続する

スマートコントラクトを、機能するために必要なデータソースおよびAPIに簡単に結び付けます。

どこにでも支払いを送る

あなたの契約から銀行口座と支払いネットワークに支払いを送ります。

あなたのスマートコントラクトを必要とする入力と出力に結び付ける

真に価値のあるスマートコントラクトを構築するには、契約の履行を証明するために複数のインプットを使用し、外部システムに影響を与えたり、スマートコントラクトを完了するために支払いを送ったりするために複数のアウトプットを使用する必要があります。 Chainlinkは、最大限の可能性を引き出すために必要な入力と出力をスマートコントラクトに提供します。

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗