Chainlink - スマートコントラクトは、実在のデータ、イベント、そして支払いに関連する

ChainLinkを他のオラクルソリューションと区別するものは、完全に分散化されたネットワークとして機能する能力です。 この分散化されたアプローチは、単一の当事者への信頼を制限し、スマートコントラクトで評価される改ざん防止品質をスマートコントラクトとそれらが依存するAPIの間のエンドツーエンドの運用に拡張することを可能にします。 スマートコントラクトを外部から意識させる、つまりオフチェーンのリソースと対話できるということは、現在使用されているデジタル契約に取って代わるのであれば必要です。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
LINK
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Chainlink?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

スマートコントラクトに、データフィード、API、および支払いへの安全なアクセスを提供します。

任意の外部APIに接続する

スマートコントラクトを、機能するために必要なデータソースおよびAPIに簡単に結び付けます。

どこにでも支払いを送る

あなたの契約から銀行口座と支払いネットワークに支払いを送ります。

あなたのスマートコントラクトを必要とする入力と出力に結び付ける

真に価値のあるスマートコントラクトを構築するには、契約の履行を証明するために複数のインプットを使用し、外部システムに影響を与えたり、スマートコントラクトを完了するために支払いを送ったりするために複数のアウトプットを使用する必要があります。 Chainlinkは、最大限の可能性を引き出すために必要な入力と出力をスマートコントラクトに提供します。

人気STO/ICO記事

  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • コイン相場アプリで仮想通貨をウォッチリストに追加する方法3つ

    コイン相場ユーザーの皆様、コイン相場のウォッチリストから仮想通貨を追加する方法が3つもあるということをご存知ですか?気になる仮想通貨をどういった方法で追加するかはユーザー様次第ですが、状況によって効率よく追加する方法を考え、追加を簡単にお試しください。コイン追加・削除(編集)の画面で編集していたけど、追加したい仮想通貨がある場合は以下のような手順で簡単に追加できます。<ins></ins>ウォッチリストを見ていた際に、追加したい仮想通貨がある場合は以下の手順が効率がいいですのでお試しください。<ins></ins>銘柄の名前を覚えていないが確かにあの取引所にあったな見たらすぐ思い出せると思った