CargoCoin - 分散化による世界貿易と輸送の革命

CargoCoinは、スマートコントラクト&仮想通貨プラットフォームであり、世界の貿易と輸送を分散させるように設計されています。 プラットフォームは、輸入者、輸出業者、船舶輸送業者、貨物運送業者、船主、予約代理店、商品と貨物の国際貿易および運送に関与する他の当事者間の相互作用を促進し、最適化します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CargoCoin
開始日時
2018-04-01
終了日時
2018-04-15
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
55,000,000 USD
初回価格
1 CRGO = 1 USD
トークン供給数
65,000,000
公式サイトへ Owner of CargoCoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEtherium
タイプERC223
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, Fiat
供給率65%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO - 50%

概要

CargoCoin - 地方分権化による世界貿易と輸送の革命。

CargoCoinはスマートコントラクト、仮想通貨プラットフォーム、グローバルな貿易と輸送の分散を目的としています。プラットフォームの目標は、貿易業者、貨物運送業者、船舶会社、予約代理店、ならびに国際貿易や商品と貨物の輸送に関与する他のすべての関係者間の相互作用を促進および最適化することである。プラットフォームユーザーは、最先端の暗号セキュリティと摩擦のない対話に基づいて、バランスのとれたエコシステムを概説しています。

CargoCoinの目的は、貿易、輸送、書類の交換、支払いオプションを低コストでリアルタイムで容易にするためのグローバルな市場環境とユーティリティーを提供することです。プラットフォームのアーキテクチャは、高度なセキュリティ、透明性、トレーサビリティ、アカウンタビリティの原則に基づいています。参加者がその一部を単独で、または他のセクションと組み合わせて活用できるように設定されています。これは、非常にシンプルなプラットフォームとして、またはさまざまな支払いオプションを備えた複雑なスマートコントラクトユーティリティとして使用できます。オンライン暗号技術を用いた物的貿易と輸送との関係は、大規模プロジェクトの実施の機会を提供し、さらなる拡大を可能にします。

CargoCoinプラットフォームのオプションは、ユーザーと参加者に付加価値をもたらす無限の可能性を提供します。プラットフォーム上のすべてのユーティリティは、CargoCoinsで動作します。究極の目的は、需要を高め、トークンの使用を容易にすることです。 CargoCoinチームの利益は、ICO支持者の利益と一致します!

チーム すべてを見る

Bogomil Alexandrov
Bogomil Alexandrov
Founder
Martin Iliev
Martin Iliev
Founder
Ilkay Topcu
Ilkay Topcu
Shipping, Transportation & Container specialist
Christina Sarastova
Christina Sarastova
Shipping & Transportations specialist
Iliana Ilieva
Iliana Ilieva
Business developer
Samuela Arav
Samuela Arav
PR & Marketing expert, event manager, press communication

人気STO/ICO記事

  • 【特典Wドリ】キャンペーンでウェルスナビにお得に登録する方法!副業・資産運用

    ウェルスナビを始めたいと思っているが、まだ、初回登録が済んでいない方はラッキーです!こういったサービスを少しでもお得に申し込む為には、キャンペーンを上手に活用することが大切ですが、ちょうど今、ウェルスナビは、お得な夏のキャンペーンを開催しており、コインポインを利用することで、さらにお得に特典をWドリすることができるんです!当記事では、ウェルスナビを少しでもお得に登録する為の方法をご紹介いたします。この2つのキャンペーンで条件をクリアすれば最低でも5500円相当の特典、最高で10万4500円相当の特典を獲得することができます。コインポイン経由で登録し、10万円入金とリスク許容度の設定を行えば、最
  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は