CAREONchain - 分散型車両プラットフォーム

CAREONチェーンプラットフォームは、世界中のすべての研究活動を統合し、自動車業界のメーカーに最高のものを提供します。 大学のプロジェクトから自動車分野におけるハイブリッド技術の開発に関する科学的に実証された研究まですべての研究作業を保存できる分散ネットワークです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
REO
開始日時
2018-07-14
終了日時
2018-10-15
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
20,000,000 USD
初回価格
1 REO = 0.24 USD
トークン供給数
165,000,000
公式サイトへ Owner of CAREONchain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームBitshare
タイプ不明
参加可能通貨ETH, BTC
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

CAREONCHAINは、研究開発に重点を置いたブロックチェーンベースのハイブリッドテクノロジーです。 CAREONchainは、ハイブリッド車技術とその研究開発のための最初のブロックチェーン・オペレーティング・プラットフォームです。

何の問題を解決しますか?

CAREONブロックチェーンプラットフォームは、研究者、開発者、ハイブリッド自動車メーカー間の相互作用のために開発されています。全世界を今後のテクノロジーの研究開発センターとして築くことができます。 CAREONチェーンプラットフォームは、世界中のすべての研究活動を統合し、自動車業界のメーカーに最高のものを提供します。それは、大学のプロジェクトから自動車分野におけるハイブリッド技術の開発に関する科学的に立証された研究までのすべての研究活動の保存を可能にするネットワークの分散化です。

Careonchainはハイブリッド車の技術における開発を強化し、ハイブリッド車の分野で主要なブロックチェーンベースのネットワークになる巨大な機会を作り出します。公害と燃料の価格のために、この世界への代替手段は非常に必要なものなので、ハイブリッド車部門は2020年までに大きな成長を遂げるでしょう。

私たちは当初、低コストで高性能なハイブリッド車の生産に役立つハイブリッドカー技術の開発に集中しています。将来のREOコインは、ブロックチェーンデータのあらゆる研究作業をアップロードするために使用され、企業はREOを支払うことによってユーザーを通じて購入することもできます。

チーム すべてを見る

Raj Karmakar
Raj Karmakar
Advisor and IoT Solutions Engineer
Mark Brook
Mark Brook
R&D ADVISOR
kunal.s.c
kunal.s.c
FINANCE ADVISOR
Miikka saloseutu
Miikka saloseutu
ADVISORY
Timo Trippler
Timo Trippler
ADVISOR
Aniruddha G
Aniruddha G
Blockchain DEVELOPER

人気STO/ICO記事

  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・ 
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。