Cardium - 毎日の活動をトークン化する

モチベーションやスポーツに関する知識の欠如は、スポーツを通して人々を魅了する主な障害であり、いままでこれを解決する方法がありません。 Cardiumプロジェクトは、この状況を変えることを目指しています。 生態系の重要な要素は、他の相互作用を構築するCardiumフィットネストラッカーです。 私たちの知識データベースに実装したさまざまな技術は、エンゲージメントのプロセスを容易にします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CAD
開始日時
2018-06-01
終了日時
2018-06-30
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
1 CAD = 0.25 USD
トークン供給数
120,000,000
公式サイトへ Owner of Cardium?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率0,0252%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • April 16th - 22nd - 30%
  • April 23rd - 29th - 20%
  • June 1st - 10th - 15%
  • June 11th - 20th - 10%
  • June 21st - 30th - 5%

概要

Cardiumフィットネストラッカーは、2018年に以下の特化した機能をフルセット搭載します。

  • ステップとカロリーの数を追跡し、目標を設定する。
  • 睡眠の有効性と質のモニタリング。
  • 心拍数の測定;
  • 着信時に振動、通知を表示する。
  • 盗難や紛失を防止するため、電話とフィットネストラッカーが離れる時、通知する距離トリガーアラートシステム。
  • 優れた電池寿命(約2週間の使用)。
  • IP65定格エンクロージャ。

このタイプのデバイスに必要な機能をすべて備えていることに加えて、ユーザーは消費したカロリーごとにトークンを受け取ります。

チーム すべてを見る

Philipp Klimov
Philipp Klimov
CEO, founder
Alexander Perminov
Alexander Perminov
CMO, co-founder
Roman Chistyakov
Roman Chistyakov
COO, co-founder
Sergey Chernikov
Sergey Chernikov
CTO, co-founder
Liu Shanshan
Liu Shanshan
CPO
Ilya Solokhin
Ilya Solokhin
Software Engineer

人気STO/ICO記事

  • Coincheck、7月16日よりお客様情報の追加登録を実施 - 仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基く措置

    暗号資産取引所、Coincheck社は7/9日、午後13時頃公式ブログ及びツイッターを通じ、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基づき、2019年7月16日よりお客様情報の追加登録を実施することを公表した。<ins></ins>個人のお客様:2019年7月16日〜2019年8月29日 法人のお客様:2019年7月下旬以降1. 国籍や職業などの属性情報2. 資産に関する情報3. お取引に関する情報 など参照元:<ins></ins>・・・・・
  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー