Blue Chip Vision - 代替デジタル未来

BCV Holdingsは、ブロックチェーンベースのテクノロジー、システム、およびプラットフォームのデジタルエコシステムを制作およびライセンスするソフトウェア会社です。 より効率的で効果的かつ安全な金融サービス、コンテンツおよびトランザクションエンタープライズ管理サービス、新しい代替スーパーチャージ市場機能を提供します。 これらのシステムとプラットフォームは、既存のビジネスモデルとコンプライアンスメカニズムを、新しいデジタル経済の強力で安全かつ適応性のある品質と統合して、最高水準の安全性を顧客に提供するように設計されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BCV Blue Chip
開始日時
2018-12-27
終了日時
2019-02-25
最低目標
4,999,999 USD
最高目標
75,000,000 USD
初回価格
0.3750 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Blue Chip Vision?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率75%
KYCKYC
参加不可地域n/a
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Blue Chip Tokenは、特定のオファーされた機会を獲得するためにラインに参加することを約束するときに発生するキューイングサイクルの経験を向上させます。 Opportunity Access Queue(OAQ)モジュールとAutonomous Exchange Management Mechanism(AEMM)を組み合わせたBlue Chipは、誰でもあらゆるタイミングで完璧なキューを構成できるプロセスをサポートします。その際、インセンティブ、効率性、Blue Chipの顧客基盤を同時に追加の収益源として提供します。これらの技術とプラットフォームは、ともにCrypto Adoption Turbine(CAT)プロセスを形成します。 CATは、簡単に監査可能で、透明的で自動化された分散キューイングシステムをサポートするために、ブロックチェーンの信頼できない不変のプロパティを目的としています。 CATは、無限のブロックチェーンネットワークにわたって、無限のユースケースに対して、シングルステップまたはマルチステップの再循環自律プロセスに適用できます。これは、CATプロセスにおけるすべての参加者、CATトークンの寿命、およびCATの位置付けを容易にすることができる選択されたブロックチェーンに関連する潜在的な仮想通貨の採用に対する真の経済的価値提案を提案します。

チーム すべてを見る

Robert Masters
Robert Masters
MANAGING DIRECTOR
James Leftwich
James Leftwich
CHIEF PRODUCT OFFICER
Stephen Doss
Stephen Doss
CHIEF TECHNOLOGY OFFICER
CHRISTINE SATCHELL PhD
CHRISTINE SATCHELL PhD
DIRECTOR OF RESEARCH AND INNOVATION
Robert Vago
Robert Vago
DIRECTOR OF ENGINEERING
Ronald Tucker
Ronald Tucker
Advisor

人気STO/ICO記事

  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー