Biogen - 人間の寿命を延ばす

アイルランドにあるBiogen International Business Company社は、世界中の企業や科学者の協力を得て、ブロックチェーン技術のおかげで、人命を延ばすプロジェクトを今では参加可能になります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HTER
開始日時
2019-03-01
終了日時
2019-09-30
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
400,000,000 USD
初回価格
1 HTER = 0.0006 ETH
トークン供給数
2,000,000,000
公式サイトへ Owner of Biogen?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

BIOGENインターナショナルビジネス会社

ICOの目的:私たちのICOの目的は、人間に対するテロメラーゼの効果を検証するために必要な臨床試験を行うことができるように資金を集めることです。このためBiogenは世界中の企業や科学者との合意に達します。

Biogenができるますが、他のプロジェクトができないことは?私たちができることは、ブロックチェーン技術を持たない他の企業はできなかった、科学者やバイオテクノロジー企業との合意に達することです。このように、会社の何パーセントかを尋ねるときに通常起こる特定の寡黙を避けるように会社のどの部分にも求めないことによって、合意に達することははるかに簡単です。私たちは単純化し、合意に達するために他のプロジェクトより強いです。

Hterトークンの使い方: Hterトークンの使用は非常に簡単で、寿命を延ばすための治療や治療法を購入するために登録したクライアントの電子メールアドレスを確認するために使用されます。

トークンの使い方は単純で複雑なことはないと理解していますが、単純なことをするのは悪いことがありません、ブロックチェーンテクノロジによって、電子メールアカウントを簡単に確認できます。

どんな科学的進歩が存在し、今日科学界によって確認されていますか? 現在、Dr. Maria Blascoはマウスでテロメラーゼを活性化することに成功し、そして寿命を約30パーセント延ばすことに成功しました。死は病気とは見なされないので、現在、私たちは変性疾患を持つ人間で研究を始めています。

チーム すべてを見る

Pablo Cervera
Pablo Cervera
Partner and CEO
Sandra Miriam Vera
Sandra Miriam Vera
Partner & Sales manager
Massimo Garzia
Massimo Garzia
COO Director of operations
Eliana Tuni
Eliana Tuni
Director of human resources
Mirta Hinojosa
Mirta Hinojosa
CTO
Ricardo Petrucci
Ricardo Petrucci
Senior systems technician

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )