Asura Coin - NEOによる自己持続可能なeSportsプラットフォーム

Asura Worldは世界で最初の自立型eSportsプラットフォームであり、NEOによって運営されています。Asura Worldは、ユーザーに優しいサービスで、インセンティブを与えることにより、グローバルeSportコミュニティを統合することを目指しています。 Asura Worldは、プロのゲームプレイの複雑で細部な部分にも入り込んで、プレーヤーを導くための詳細なゲーム分析を提供することを目指しています。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ASA
開始日時
2018-05-21
終了日時
2018-06-15
最高目標
12,000,000 USD
初回価格
1 ASA = 0.02 USD
トークン供給数
650,000,000
公式サイトへ Owner of Asura Coin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームNEO
タイプNEP-5
参加可能通貨NEO, Others
供給率65%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    Asura Worldは、持続可能なeSportsプラットフォームであり、コミュニティのエコシステム全体に焦点を当てています。

    グローバル規則

    従来のプラットフォームとは対照的に、Asura Worldプラットフォームは、ユーザーが複数の方法でホスト、競争、相互作用できるプラットフォームプロバイダーとしてのみ機能します。 Asura Worldには一連の規則がブロックチェーンに統合されており、ノードの選択によって操作されます。これらのルールは、プラットフォームを常に安全かつ確実に実行するためのプロトコルとして機能します。

    出金

    幸運なことに、NEOブロックチェーン技術を使用することにより仲介者が省略され、Asura Worldはトラストレスなプラットフォームとして動作することができます。引き出しは簡単で効率的で、正当な所有者から資産をホールドされず、ユーザーは公平で改ざんのないプラットフォームの資質を楽しむことができます。そして、すべてのプレイヤーに保全を提供します。

    データセキュリティ

    NEOブロックチェーン技術を利用することにより、Asura Worldプラットフォームのセキュリティは、従来の集権システムよりも大幅に改善されています。 Blockchainは人為的なエラーを排除し、データレコードの改ざんを防ぎ、トランザクションのためのトラストレスなシステムを作成することができます。安全なデータ転送とストレージを提供します。

    チーム すべてを見る

    Peter Shen
    Peter Shen
    Co-Founder & CEO
    Eman Abdollahi
    Eman Abdollahi
    COO and Co-Founder
    Haoyang Feng
    Haoyang Feng
    CTO and Technical Lead
    Nathan Frater
    Nathan Frater
    Marketing Manager / Growth Strategist
    Steven Ngov
    Steven Ngov
    Web Developer / Digital Specialist
    Dang Tie Peng
    Dang Tie Peng
    Blockchain Developer

    人気ICO記事

    • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

      ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
    • コイン神社にやって欲しい仮想通貨YouTube企画3選

      やぁみんなYouTubeでという投資とプログラミングが学べるチャンネルを運営していると言うものだちなみに今回、提案する案についてはっていうのがポイントだ自分がオススメしている投資漫画の『インベスターZ』でもという言葉がでてくるこれはがという意味合いで使われる詳しくは以下の記事を参考にして欲しい▶︎ 仮想通貨ユーチューバーの誰もがまだやっていないアイデアをコイン神社がいち早くやっていくことでをつかむことができるのだ←それでは早速、YouTube企画案3つをそれぞれ紹介していくまずはひとつめこれは渋谷で声かけをして仮想通貨ホルダー10人みつけるまで帰れないという企画だこれは一時
    • 国産グルメSNS「シンクロライフ」(SynchroLife)がICO済のトークン報酬の導入を開始

      日々、「国産コイン」で動いているサービスって殆ど無いよね、というのが口癖になっているのは著者だけでは無いはずだ。動いているという意味では最も動いているサービスが、実はある。知らない方も多いと思うが、2017年9月に香港法人SynchroLife, LimitedでICOを行っていた、グルメSNS「シンクロライフ」(SynchroLife)に、本日からトークン報酬が導入された。導入されたシンクロコインは、レビューを書いた方に対して報酬として配布されていく予定だ。今後は、店舗決済自体に使え、ユーザーにも還元されるという仕組みになっている。昨年のICO以前からプロダクト自体は公開されており、ユーザー