ArcadierX - 世界初のリバースICO

人々が簡単に発見し、学び、信頼し、取引するつながりのあるコミュニティを作ります。私たちは、商業機会を創出し、あらゆるオンライン市場のニーズを満たすために働く、人々と企業を結び付けるより良い方法を発見するよう努めています。誰もが自由にそして簡単に発見し、共有し、そして彼らが望むものを提唱することができる信頼のプラットフォームでコミュニティを結ぶための解決策を革新します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ARCX
開始日時
2018-12-01
終了日時
2019-07-01
最低目標
4,500,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
0.1500 USD
トークン供給数
260,000,000
公式サイトへ Owner of ArcadierX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Sale 1 - Till 31st March 2019 - 30% Bonus
  • Pre-Sale 2 - 10% Bonus - Till 30th June 2019

概要

ArcadierXは分散型元帳テクノロジを活用し、各ソリューションの革新的な概念と利点を融合してArcadierオンライン市場プラットフォームを強化します。

貿易融資

国境を越えた事業における貿易金融を合理化して高額手数料を削除し、取引効率を高める

来歴

サプライチェーンの透明性を高め、あらゆるサプライチェーンでの原産地保証とCoCを提供する

AI / MLによるデータ分析

オンラインの購入者や販売者に製品発見の提案をするなど、人工知能や機械学習を使用したインテリジェントデータ分析機能の導入

Arcadierハブ

調達効率と販売分配の機会を増やす、費用対効果の高い新しいeコマース在庫分配メカニズム

Arcadier信頼

革新的なオンライン評判信頼の統合とポータビリティシステム

ARCTXの支払い

トレーサビリティを可能にし、取引手数料を削減しながら、Arcadierエコシステム内の優先通貨として、当社独自の安定トークンであるARCTXの発行と使用

チーム すべてを見る

Dinuke Ranasinghe
Dinuke Ranasinghe
CEO & Co-Founder
Paul J Cascun
Paul J Cascun
CTO & Co-Founder
Kenneth Low
Kenneth Low
CCO & Co-Founder
June Boo
June Boo
General Manager North America Head of Group Strategy
Jiunn Shyong Tang
Jiunn Shyong Tang
Group Financial Controller
Jerome Lasic
Jerome Lasic
Lead Engineer

人気STO/ICO記事

  • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

    10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・