Ambrosus - 食品・医薬品の品質を保証

ハイテクセンサー、ブロックチェーンプロトコル、スマートコントラクトを組み合わせることで、製品の品質、安全性、製造責任を保証するための世界共通エコシステムを構築しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AMB
開始日時
2017-09-22
終了日時
2017-10-15
調達金額
5,784 ETH
最高目標
328,103 ETH
トークン供給数
328,103,000
公式サイトへ Owner of Ambrosus?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

食品と医薬品は生命に不可欠ですが、今日のグローバルなサプライチェーンの仕組み上、ほとんどの人が食べ物や医薬品を消費するときの情報が不明確です。

Ambrosusプロジェクトは、信頼できるエコシステムを構築し、製品の全履歴を確実に記録し、商取引を実行することで、グローバルサプライチェーンを大幅に改善することを目指しています。

より安全で自律的なサプライチェーンを実現し、流通プロセスを改善し、消費者が製品の産地、成分を簡単に見られるようにします。

今後数ヶ月にわたり、より多くの情報を提供していきたいと思っています。

アンブロススエコシステム

サプライチェーン2.0

プロセス、品質、およびトレースを完全に制御するサプライチェーンのインテリジェントなガバナンス。

データ変換

センサーは商品や出荷に関する貴重なデータを生成します。

直接取引

商品交換プラットフォームと分散型マーケトプレイスが消費の新たな道を開く。

分散型汎用性

ナノセンサーからスーパーコンピュータまで、すべてのデバイスが中央ノードなしで相互運用できます。

チーム すべてを見る

Angel Versetti
Angel Versetti
CEO
Dr Stefan Meyer
Dr Stefan Meyer
CTO
Prof Jean-Paul Sandoz
Prof Jean-Paul Sandoz
Lead Engineer
Marek Kirejczyk
Marek Kirejczyk
Lead Blockchain Developer
Matthew Roberts
Matthew Roberts
Lead Blockchain Developer
Konrad Szalwinski
Konrad Szalwinski
Lead Frontend Developer

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。