AdHive - ネイティブビデオ広告のためのAIおよびコミュニティベースのプラットフォーム

AdHiveはイーサリアムのスマートコントラクトに基づいた支払いシステムを使用して、ビデオブログチャネル上にネイティブ広告を自動配置するプラットフォームです。 プラットフォームは適切な実行について心配することなく、無制限のチャンネルにネイティブビデオ広告を配置する機会を広告主にもたらします。 AdHiveは非常に多くの視聴者と連携し、企業広告キャンペーンのチャネルとしてテレビを崩壊させる可能性があります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ADH
開始日時
2018-02-28
終了日時
2018-03-14
最低目標
12,500,000 USD
最高目標
17,500,000 USD
初回価格
1 ETH = 2000 ADH
トークン供給数
135,000,000
公式サイトへ Owner of AdHive?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

仮想通貨の大量販売

最も幅広い仮想通貨サービスの利用者

利用可能な国際キャンペーン

国境なし、制限なし

透明性と信頼性

合意に基づく明確な資金分配

知識共有

コミュニティメンバーは、ブロガーとアイデアを共有して、追加のサービスを提供する可能性があります

AI

任意のビデオチャンネル、すべての単語およびオブジェクトの自動追跡を検出することができます

即時支払い

スマートコントラクトを使用すると、適切なタスク実行の直後にブロガーに資金が転送されます。

簡単なブログの収益化

明確な仕組み、実績のある広告主

時間の節約

ブロガーとの長いチャットもなく、個人的な同意やトラッキングもありません

ストリームとブロードキャスト

AIはオンラインストリームチャンネルも追跡します

チーム すべてを見る

Dmitry Malyanov
Dmitry Malyanov
Project development, operations, co-founder
Vadim Budaev
Vadim Budaev
Strategy, HR, technological development, co-founder
Alexandr Kuzmin
Alexandr Kuzmin
Token model development, investment and financial management, co-founder
Dmitry Romanov
Dmitry Romanov
Strategy and business development
Anna Tolstochenko
Anna Tolstochenko
Working with the blogger community and advertising agencies
Kristina Kurapova
Kristina Kurapova
Legal compliance and structuring

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元: