Artist Connect Coin - 世界中の全てのジャンルの「創造者」をターゲットとしたクリエーターの活動を支援し世界規模で業界を活性化するソーシャルメディア

ACC(Artist Connect Coin) とは、プロ、アマ分け隔てすることなく全ての、アーティスト、 クリエーターの活動を支援し世界規模で業界を活性化するソーシャルメディアです。 アーティストというと、日本ではシンガー、ミュージシャンなどと狭い範囲で捉えられがちですが、 我々は世界中の全てのジャンルの「創造者」をターゲットに考えています。 そして、トークンという報酬をキードライバーとして、全ての創造物の世界の需要と供給を繋いでいきます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ACC
開始日時
2017-12-15
終了日時
2018-01-31
初回価格
1ETH = 2,200~2,400ACC
トークン供給数
75,000,000
公式サイトへ Owner of Artist Connect Coin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ACC(Artist Connect Coin)とは、プロ、アマ分け隔てすることなく全てのアーティスト、クリエイターの活動を支援し、世界規模で業界を活性化するソーシャルメディアです。アーティストというと、日本ではシンガー、ミュージシャンなどと狭い範囲で捉えられがちですが、我々は世界中の全てのジャンルの「創造者」をターゲットに考えています。そして、トークンという報酬をキードライバーとして、全ての創造物の世界の需要と供給を繋いでいきます。ACC(Artist Connect Coin)を活用し、ビジネスモデルの再構築

  • 全てのアーティスト(画家、イラストレーター、漫画家、歌手、演奏者、ゲームクリエーター、写真家、ダンサー、パフォーマーなど)の支援、スポンサーの提供(メディア、ギャラリー、スタジオ、ライブハウス、コンサートホール、Web コンテンツの参画)、創作・練習・発表場所の提供(イベント企画、SNS 活用)、広告、発信の支援(メディア、広告代理店、Web サイトの活用)、アプリ・コンテンツが抱える既存電子決済流通の高額なプラットフォーマー決済手数料問題の緩和

  • アーティスト間のコラボレーション

世界中の全てのジャンルのアーティスト間の交流の実現、世界中の全てのジャンルのアーティストの発掘

  • 流通プラットフォームのグローバル化・オープン化

アーティストやクリエイター、ブランドが独自の戦略に基づいてメディアを構築しようとした場合、課金方法、広告手法、作品保護技術(DRM 等)、配信スペックなどの技術的な要素まで 独自設計することは困難であることから、流通側には、利用コストから配信方法まで、コンテンツ側からの多種多様な要請に応えられるような流通プラットフォームの形成が期待されます。そこでは、個々のコンテンツの要請に応じた価値、値付け方法やビジネスモデルに柔軟に応えられるようなシステムが用意され、また、そのシステムの運用状況をコンテンツごとに確認できるような透明性が確保されていることが必要です。さらに、コンテンツの種類、アーティストやリスナーの地理的条件などを問わず、グローバルかつオープンに相乗りすることができる流通プラットフォームであることが望ましいと考えます。すなわち、レーベル間やコンテンツ間、場合によっては異業種も相乗りできる流通プラットフォームをメディア側が提供することによって、各コンテンツにとっても多様なメディア 戦略を実現することができるようになります。また、ブロックチェーンによりデータの信頼性を従来よりも低コストで実現できます。

チーム

Shinobu Hirooka
Shinobu Hirooka
CEO
Mamoru Nakamura
Mamoru Nakamura
CTO
John Kang
John Kang
CMO&CSO
Yasuhiko Fujii
Yasuhiko Fujii
CCO

人気STO/ICO記事

  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
  • ボリンジャーバンドとその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。ボリンジャーバンド(BOLL)はチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。米国の金融アナリストで投資研究家のジョン・ボリンジャーが考案したことから、この名が付いています。1983年に考案され2011年に商標権が取得されました。ボリンジャーバンドは株価が移動平均線を中心に一定の範囲(標準偏差)の中で動くという前提で開発されました。ボリンジャーバンドは合わせて3つ