4ARTechnologies - 私たちは芸術界の最も大きな問題を解決

当社の強力な画像キャプチャソフトウェアにより、私たちは正真正銘の美術作品を提供します。 この新しい認証規格は、アートワークのユニークなフィンガープリント、歴史、起源をブロックチェーンに記録し、最先端の安全性で透明性の高い業界のニーズのバランスを取ります。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
4ART
開始日時
2018-08-06
終了日時
2018-09-28
調達金額
15,949,000 EUR
最低目標
15,000,000 EUR
最高目標
250,000,000 EUR
初回価格
0,30 EUR
トークン供給数
1,704,000,000
公式サイトへ Owner of 4ARTechnologies?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, EUR
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Close Group 25.06.2018 - 8.07.2018 - 0,08 EUR
  • Pre-Sale 09.07.2018 - 31.08.2018 - 0,10 EUR
  • Early Bird 31.08.2018 - 30.10.2018 - 0,20 EUR
  • ICO 31.10.2018 - 30.12.2018 - 0,30 EUR
  • from 31.12.2018 - Exchange Listing

概要

4ARTechnologies Group(以下、4ARTechnologies Holding AGおよびその子会社)は、以下の4ARTechnologiesと呼ばれます。芸術界に透明性、安全性、プロセス効率を高めるため、ブロックチェーンを使用したカタログ作成および取引プラットフォームを構築しています。

プラットフォームの中心には、独自のテクニカルパートナーであるAtlantic Zeiser GmbHが特許を取得した「拡張認証」技術があります。ユーザーが歴史/起源に関する重要な情報とともにブロックチェーン上に作品の「指紋」を記録できるようにすることで、 登録された作品を本質的に偽造不可能にします。

ただ一台のスマホで、偽物の問題を解決できるだけではなく、すべてのアート界のプレイヤーにとって非常に関連性の高いユースケースも提供します。

チーム すべてを見る

Nico Kipouros
Nico Kipouros
Initiator / Founder
Peter Steiner
Peter Steiner
Founder/CEO
Rolf Maier
Rolf Maier
First Investor
Christina Kipouros
Christina Kipouros
Assistant to the Board
Dino Lewkowicz
Dino Lewkowicz
Designated CEO USA
Serge Poliakov
Serge Poliakov
Designated Director

人気ICO記事

  • 【10月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.15

    まだ時たま暑い日があったりと衣替えしようか悩んでしまう今日この頃です。9月の弊社主催のイベントは400人前後の方がご来場いただき盛大なイベントになりました。詳細は後日アップいたします。10月1週目(10/1〜10/7)の開発状況です。実装までもうしばらくお待ちください。アラート設定で現在値の設定価格が円表示も見れるようになり、分かりやすくしました。アカウントの「基本設定」→「プッシュ通知」からアラート設定が確認できます。ウィジェットでもグラフ表示で確認でき、その日の動きが一目瞭然です。マーケットページの指数を追加しました。株の指数も参考にしやすくなってます。
  • OSAトークンがBiboxに上場します!

    OSAトークンは中国の有名暗号通貨取引所、Biboxに上場します。これはOSAトークンで報酬を受け取る素晴らしいチャンスです。投票が早いほど、受け取るOSAトークンは多くなります。最初の3日間のみ、投票ごとに3 OSA トークンを受け取れます!各ユーザーは最大10,000BIXの投票を行えます。10のプロジェクト候補からOSAを勝者として選出します。インセンティブ体系には、3つの異なるフェーズがあります:1. 第1フェーズ - 投票が早いほど、受け取るOSAトークンは多くなります(最初の3日間のみ、投票ごとに3 OSA トークンを受け取れます)。期間: 2018年9月28-30日2. 第2フェ
  • ウォレットがFace IDに対応! 「コイン相場」10月2週目の開発週報 Vol.16

    今週はバグを色々直して新しい機能や項目も追加しました。11月か12月にハッカソンを開催しようと考えています。詳細決まりましたらアナウンスいたしますので興味ある方はぜひ参加ください。10月2週目(10/8〜10/14)の開発状況です。PINは他の人に盗み見られたらヤバいという声もありましたのでFace IDに対応いたしました。Face IDも完璧なセキュリティではないので十分にお気をつけください。AirDropQやその他のトークンで「価格なし」と表示されていたトークンがありましたが、徐々に対応しております。前回のバージョンでは数値の取得が追いついていなかった指数もありましたが今回は大幅に改善し、