YGGDRASH - 信用ベースの多次元ブロックチェーン

Yggdrashはブロックチェーンプラットフォームであり、1つの種類の暗号化通信として動作する他の個人、企業、企業に対して、DAP(分散型アプリケーション)やDAO(分散型自律組織)などのサービスを提供します。 Yggdrashプロジェクトは、「すべてを現実化する」というビジョンから始まりました。暗号化、不動産、株式市場、仲介サービスなどの資産を作成して接続することができます。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
YEED
開始日時
2018-03-12
終了日時
2018-03-16
最高目標
40,000,000 USD
初回価格
1 YEED = 0.008 USD
トークン供給数
5,000,000,000
公式サイトへ Owner of YGGDRASH?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

データ容量、スピード、拡張性の向上

Yggdrashエコシステムの1つのDAppは独立したブロックチェーンです。 各DAppは他のDAppにバインドされていません。独立したネットワークの高速かつ高品質をお楽しみください。

"ネットワーク料金ゼロ" - 評価点数システム

Yggdrashは、評判を適用してブロックチェーンの現在の料金体系を調整します。 YEEDは暗号通貨であり、評判を評価するための基準の1つとして機能します。

DPOA:委任された権限の証明

合意されたアルゴリズムであるDPOAは、ユーザおよびオペレータに高い評判権限を与えます。 独立性、インセンティブ、および拡張性を保証し、接続性を向上させます。

チーム すべてを見る

David Seo
David Seo
CEO and Co-Founder
Peter Ryu
Peter Ryu
CTO and Co-Founder
Joon Seo
Joon Seo
CFO
Ayden Kim
Ayden Kim
Blockchain Analyst
Min Seop  Hong
Min Seop Hong
Blockchain Engineer
Luke Hwang
Luke Hwang
Blockchain Engineer

人気ICO記事

  • Zaifさん、BitFlyer大丈夫か?おい

    もうね、ここで文章書き始めてからずーっとアンチBTC、アンチ仮想通貨なん?ぐらい下がる下がるいうてるやん・・・もう逆に俺のアンチ軍団が出来そうで嫌やわ・・・ただ、1人でもこの記事を読んで買ったり売ったりする人がいるのなら願望だけで記事を書くのはやっぱりあかんでしょう・・・。そう思って心を鬼にして書いてるんですわ。噂が本当かどうかは別として、気になるところはその内容が具体的。。。早ければ週明け11日にも業務〇〇命令がくだるとか・・・。が俺の感想。あんなチャート見たら俺はよう使わん。まぁ、金融庁からそんな命令が出るかどうかはしったこっちゃないけど、Zaifさんはいままでやらかしすぎやわ。
  • ALISユーザーが語る!ALISのココがダメ!

    はじめまして、ブルーモアイです。普段はALISで記事を書いているALISユーザーでございます。ALISは今、クローズドβです。そのため外部の方々には、なかなか内情が分かりづらいかと思います。よって今回は普段ALISを見ない方々のために、その内情をユーザー目線からご紹介します。というかをします!では、行ってみましょう。ALISクローズドβに投稿できる記事は、「」と「」のみです。そりゃね?腐っても仮想通貨界隈の人々ですから、数記事位なら楽々書けるんですよ。しかしそれを何十記事も、となると厳しい!常にネタ切れと隣り合わせなんです!そんなわけで、投稿数はβ版公開からじわじわ下がってます。すこし
  • 分散型メディアのひとつのかたち「文春型メディア」

    どうもです。さんや、さんの記事に触発されて、僕なりのアンサーソングを書きました。バトルが盛り上がってきています。バトルと言っても、ディスり合いではなく、建設的な議論が巻き起こる切っ掛けとなっていて、素晴らしい流れがスタートしています! 政治も、一党独裁ではなく、野党と与党が分かれていることでバランスのとれた結論を導き出すことができます。つまり新陳代謝しつづけることが、若さと勢いを保つ秘訣ではないかと思います。その意味でも、刺激となる白熱した議論は、待ち望んだものだったのではないでしょうか。 これからは、分散型のメディアのあり方について、考えていく機会が増え、どんどん議論が進んでいく