PROOF OF TOSS - 誰もが勝つ

PROOF OF TOSSは、賭博産業の近代化と変革を目的とした分散型賭博エコシステムです。 私たちのプラットフォームは、誰でもTOSSトークンを獲得する目的で、賭け、裁判をすることができます。 残りのものとは別に、PROOF OF TOSSは、賭博業界の既存のブックメーカーや他の「選手」にも対応しているということです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TOSS
開始日時
2018-10-01
終了日時
2018-11-30
最低目標
2,420,000 USD
最高目標
9,500,000 USD
初回価格
1 TOSS = 0.00004 ETH
トークン供給数
700,000,000
公式サイトへ Owner of PROOF OF TOSS?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域Hong Kong, Singapore, United States
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Days 1-3 of public sale - 15% bonus
  • Days 4-6 of public sale - 10% bonus
  • Days 7-9 of public sale - 5%

概要

ギャンブルや賭けの市場は急速に進化しており、ユーザーエクスペリエンスを新しいレベルに引き上げています。複数の情報源によると、今日のギャンブル時価総額は4,000億ドルを超える見積もりであり、新技術と革新を取り入れ、成長の可能性を示しています。

過去数十年間、スマートフォン、スマートウォレット、スマートカーで私たちの日常生活を変え、スマートファミリーから始めてすべてがスマートに移行してきました。私たちはテクノロジが生産性を向上させ、ユーザーエクスペリエンスを高め、よりスマートで高速にするために、既存のシステムのチューニングと調整を目的とした最適化の素晴らしい時代さらに重要です - 不要なコンポーネントを排除します。この傾向は世界中のメーカーによって支持され、受け入れられています。

ブロックチェーンは現在世界を変えているハイテクの素晴らしい例です。この技術は、取引をより迅速に、より安全に、透明にすることを目的としています。   

私たちは、すべての参加者にとって賭けを楽に、楽しく、利益を上げるという考えに触発されています。 PROOF OF TOSSは、ブロックチェーンによって強化され、ピア・ツー・ピア・プラットフォームとプロフェッショナルなブックメーカー、スポーツブック・プロバイダー、オペレーターのためのオープン・ソース・ソリューションの両方として機能するベッティングのエコシステムです。

チーム すべてを見る

Dmitry Starostenkov
Dmitry Starostenkov
CEO
Azamat Akylov
Azamat Akylov
Founder
Eugene Pavlenko
Eugene Pavlenko
CTO
Eugene Malahov
Eugene Malahov
CMO
Nikolay Savchenko
Nikolay Savchenko
Software Engineer
Dmitry Abrosimov
Dmitry Abrosimov
Software/Web Developer

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO