Tokenmom - 将来価値への投資

Tokenmom、2018年に立ち上げられた無料の分散型仮想通貨取引所は、市場でのリーダーであり革新者であることを目指しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TM
開始日時
2019-01-31
終了日時
2019-06-07
トークン供給数
800,000,000
公式サイトへ Owner of Tokenmom?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

利点

会員加入不要

Tokenmomは匿名であり,取引にサインアップする必要はない. 個人の財布(Metamask,Ledger nanoハードウェアウォレット)を使用して,個人間のリアルタイムでの取引を支援する真の分散交換です.

個人情報を確認するためのKYCは不要

ID を確認せずにセキュアに取引を開始します. 個人情報は不要です.

入金なし/引き落とし

Tokenmomは追加入金を要求していない. MetamaskとLedger Nano Sのハードウェアウォレットを使ってのみ,ユーザーはいつでもどこでもリアルタイムでトークンを交換できる.

ハッキングなし

Tokenmomのやりとりをハックしたりクローズしたりしても,ユーザはまだ個人用財布の中の資産を所有しているので,心配する必要はない.

イージー·アンド·シンプル·インターフェイス

最低取引手数料

Tokenmom がオープンされると同時に,すべてのトランザクションの Buy/Sell または Maker/Taker の FeeE が 0% になります.

すべての Ethereum ベース トークンのトランザクション

交換機にトークンがリストされるのを待つだけではいけません.

サポートされる複数言語インターフェイス

Tokenmomは英語,韓国語,中国語,日本語もサポートしている. 近日中にますます多くの言語に対応

Tokenmom取引所のトークン(TM)

Tokenmom Exchange には独自の TM トークンが導入されています.

総発行量の40%のみの販売で、トークンの心取引所とhttps://wallet.latoken.com/ico/ETH-TMで購入が可能である

初期投資者の利益を最大化するために,段階的に価格を差別化し,投資収益を最大化する.

TM Tokenの目標価格は0.01ドル(約11.6 KRW). だから,最初に投資する投資家は,より利益を上げる. TM Marketの運営も目指しており,手数料はETH marketより安くなり,TMトークンとして手数料が受け取られるので,TMトークンの交換によりTMトークンの回収が助けられ,投資家にとって利益が上がります. これは,TM トークンの販売と Tokenmom の交換の両方の成功によって異なります.

チーム すべてを見る

Jinsu Kim
Jinsu Kim
CEO
Jongsu Kim
Jongsu Kim
Chief Strategy Officer & Director
Donggyu Choi
Donggyu Choi
Chief Technology & IT specialist
Daeho Ra
Daeho Ra
Chief Platform Officer
Heyri Yu
Heyri Yu
Marketing Manager
Li Ming
Li Ming
Senior Blockchain Developer

人気STO/ICO記事

  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ