Stockchain - 暗号通貨相場プラットフォーム

Blockchain技術は、分散型、透明性、公正性を備えたインターネットデータベース技術です。 誰もがアカウントを持って参加することができます。 StockChainは、世界中の暗号通貨の相場と履歴記録を無料で提供します。StockChainは、機械学習に基づいた情報認識と構造解析を実現し、ニュートラルネットワークモデルに基づいて暗号通貨市場に関するリスク予測を行います。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
SCC
開始日時
2018-05-21
調達金額
19,770 ETH
最高目標
30,000 ETH
初回価格
1 SCC = 0.00002 ETH
トークン供給数
10,000,000,000
公式サイトへ Owner of Stockchain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

IPFクロスプラットフォームおよび高性能クライアント端末

STOCKCHAINは、C/Sアーキテクチャーに基づいて異なるプラットフォーム上にパーソナライズされたシステムを提供します。サーバーは、Cloud Engineをキャリアとして、リアルタイムの相場を収集、分析、配布し、ユーザーの注文を転送します。クライアントは、さまざまなユーザーのタイプに対応します。ソケット通信と非同期ノンブロッキングI/Oモードを使用して、サーバーとクライアント間でリアルタイムのデータ対話リンクが確立されます。

最適化されたnewworkコンポーネント

ネットワークコンポーネントは、3つの側面で最適化されています。大容量で低遅延のZeroCopyネットワーク通信モジュールを開発しました。クライアントと取引所との間の最適化された通信プロトコル、最適化されたネットワークコンポーネントにより、相場と取引所プラットフォームにより、ユーザーにリアルタイムの相場と詳細な分析を提供し、注文を迅速かつ安定した方法で転送することができます。

ビッグデータカバレッジ

STOCKCHAINは、分散した、並行性の高い、大規模なデータ取得エンジンを独自に開発しました。これらのエンジンは、国内外のクラスタからデータを収集します。取得エンジンは、画像からデータを取得するためにパターン認識モジュールを備えています。

高効率コンピューティングプラットフォーム

STOCKCHAINは、HadoopやSparkなどのオープンソースの大規模データフレームワークを活用することで、分散型の大規模データを保存できるプライベートクラウドコンピューティングプラットフォームを確立しました。プラットフォームのアーキテクチャーは、高信頼性、高スケーラビリティ、高い耐障害性で設計されています。プラットフォームは、オフラインおよびリアルタイムの計算を実行し、膨大な量のデータを処理できます。

チーム すべてを見る

Jin Xiang
Jin Xiang
CEO
Yang Bo
Yang Bo
CTO
Edoardo Bertolani
Edoardo Bertolani
CMO
Yan Yating
Yan Yating
COO
Michael Ai
Michael Ai
BD Head
Zhu Ciyang
Zhu Ciyang
Trading Head

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本