SRG - オンラインゲームの世界における国際的なロイヤルティプログラム

SRG - ブロックチェーン技術を基礎としたオンラインアプリ向け分散型ロイヤルティプログラム。 当社の目的は、ゲームデベロッパーの皆様に対する御社独自のゲーミングコミュニティの構築やプレイヤーのモチベーションの維持・向上の支援を行う機会の提供です。効果的なビジネスモデルに基づいて構築された堅実なロイヤルティプログラムを用いてオンラインアプリケーションのターゲット層を拡大し、クライアントネットワークを維持いたします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SRG
開始日時
2017-10-04
終了日時
2017-11-01
トークン供給数
20,000,000
公式サイトへ Owner of SRG?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Day 1 - 25%
  • Day 2-7 - 20%
  • Week 2 - 10%
  • Week 3 - 5%
  • Week 4 - 0%

概要

プレイヤーにお金を稼ぐ機会を与える

プレイヤーはゲーム内ビジネスを構築する機会があります。仮想通貨で利益を上げる可能性があります。

仲介者なしで便利な方法で報酬を得る

未払い手数料は、イーサリアムまたは現金に換算し、個人アカウントから直接支払いカードまたは銀行口座に送金することができます。

開発者は無料で簡単にシステムに接続することができます。

APIによる迅速かつ便利な統合。サポートを借りて得た場合に限り、手数料が発生します。

ターゲットトラフィックのみ、ボットなし

適切に設計されたモチベーションシステムのおかげで、紹介システムによりターゲットとするトラフィックを集約することができます。

チーム すべてを見る

Nikita Petrov
Nikita Petrov
CEO & Founder
Giovanni Manigrasso
Giovanni Manigrasso
Chief Marketing Officer
Maxim Saykin
Maxim Saykin
Software Testing Expert
Ruslan Kondrashin
Ruslan Kondrashin
Software Architect
Sergejs Toporkovs
Sergejs Toporkovs
Developer (back-end)
Dmitry Sergeev
Dmitry Sergeev
Lead Developer (front-end)

人気STO/ICO記事

  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し