S-ONE FINANCE - シンプル・安全・満足

S-ONE FINANCEは、一般の方でも扱いやすいエコシステムを目指しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
SONE
開始日時
2021-05-10
終了日時
2023-08-31
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
10,000,000 USD
初回価格
0.3 USD
トークン供給数
20,000,000
公式サイトへ Owner of S-ONE FINANCE?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, USD
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • May. 10 - 31, 2021 - 10%

概要

2020年はDeFi (Decentralized Finance) が大きく飛躍し、多くの投資家が高いリターンを得ました。しかし、多くのDeFiプロダクトを活用しているはリテラシーが高い層が中心であり、一般層が活用するにはハードルが高い現状があります。

S-ONE FINANCEでは一般層でも扱いやすいecosystemを目指し、下記3つのポイントでサービスを提供します。

  • Simple:シンプルでエキスパートだけでなく、初心者でも気軽に使いやすい。
  • Sercurity: S-oneファイナンスは、分散金融プラットフォームでお客様の資産を安全に保護し、セキュアなシステムです。
  • Saticfation:S-oneファイナンスは、お客様に最大の満足をもたらします。

チーム

Seiichi Ohtani
Seiichi Ohtani
CEO
Teruyuki Wakabayashi
Teruyuki Wakabayashi
COO
Takayuki Endo
Takayuki Endo
CTO
Haruka Aoki
Haruka Aoki
Marketing Maneger
Daniel Pham
Daniel Pham
Blockchain Technical Leader
Thanh Nguyen
Thanh Nguyen
Blockchain Engineer

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ