Insights Network - 分散型ビッグデータ

Insightsはブロックチェーン技術とスマートコントラクトを通じてデータ仲介業界を自動化します。 ユーザーはInsightsウォレットを使用してデータを安全に所有、管理、収益化します。 データ・ブローカー企業は年間2000億ドルの収益を上げています。 Insights Networkは今後10年間で富を企業から消費者に渡します。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
INSTAR
開始日時
2018-01-28
終了日時
2018-02-14
最高目標
16,000,000 USD
トークン供給数
105,000,000
公式サイトへ Owner of Insights Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率35%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ミッション - トラストレス分散型市場調査ネットワークを構築する。

説明

Insightsは、組織がマーケティングリサーチを実施するためのプラットフォームを伴う、機密性の高い消費者データの保管のための分散型ネットワークを構築しています。組織は、プラットフォームを使用して、Insights Networkに存在する正確に定義されたターゲット集団に関するデータの要求を行うことができます。

インズトークン&スペック

Insights Networkは、リクエスタとプロバイダの2つの異なるグループ間のトランザクションを容易にするプラットフォームです。依頼者はプロバイダーからの情報を必要とし、それを支払う意思があります。私たちのトークンエコシステムは、INSによって推進されます。 INSは、リクエスターからのデータ要求に対して支払いを行い、プロバイダーに報酬を与えるために使用されます。洞察トークンの所有者は、データ要求を出したり、必要な人にそれらを販売したりすることができます。

エコシステムの採用

早期採用者へのインセンティブとして発表されたINSトークンは、既存の消費者データのプラットフォームへの移行を促し、消費者の管理と所有権になります。たとえば、Secure Multi Party Computationパートナーが正常に検証したコンシューマーインプットを10データポイントごとに1トークンをリリースすれば、9億人の正確な消費者データポイントがネットワークに入ります。これにより、既存の2,000億ドル/年のデータ仲介業界が利用できるようにデータビットが提供されます。

私たちのエコシステムをキックスタートし、開発を続けるために、トークンセールを主催し、トークンを配布します。 INSの総額は3億人に上ります。 15百万(5%)は、プライベート・プリセールで割引で販売されます。 Insights Network Ecosystemには9000万人(30%)が確保されます。チームと将来の雇用のために9000万(30%)が確保されます。

150万ドル(35%)は、1500万ドルの最大値上げのために、Ethereumのスマート契約を介してクラウドセールイベントを通じて販売されます。この群衆は12/5/17から12/27/17まで実行されます。

チーム

Brian Gallagher
Brian Gallagher
Co-founder & CEO
Darwin Lo
Darwin Lo
Co-founder & CTO
Brandan Zaucha
Brandan Zaucha
Co-founder, Business Development & Community
Dylan Herman
Dylan Herman
Blockchain Developer
Dino Amaral
Dino Amaral
Smart Contract Engineer

人気ICO記事

  • 国産グルメSNS「シンクロライフ」(SynchroLife)がICO済のトークン報酬の導入を開始

    日々、「国産コイン」で動いているサービスって殆ど無いよね、というのが口癖になっているのは著者だけでは無いはずだ。動いているという意味では最も動いているサービスが、実はある。知らない方も多いと思うが、2017年9月に香港法人SynchroLife, LimitedでICOを行っていた、グルメSNS「シンクロライフ」(SynchroLife)に、本日からトークン報酬が導入された。導入されたシンクロコインは、レビューを書いた方に対して報酬として配布されていく予定だ。今後は、店舗決済自体に使え、ユーザーにも還元されるという仕組みになっている。昨年のICO以前からプロダクト自体は公開されており、ユーザー
  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【エアドロップQ】Nortonchain Platform(NRT)の基本情報おさらい

    コイン神社ブログをご覧になっている皆様はじめまして、もっちゃんです。 普段は のライターをやっています。前回は  について記事を書かせていただきました。皆さんはもうBittech(BTECH)のトークンはもらいましたか?コイン相場が運営している『エアドロップQ』ではので、諦めずにクイズに挑戦し続けることでトークンをもらうことができます(※時間制限・配布上限あり)下記URLからエアドロップQの参加方法が分かるので確認してみてください...!【エアドロップQへの参加方法】コイン相場が提供しているエアドロップQにて、2種類の仮想通貨のAirDropがSTARTします。今回の記事ではNorto