CrowdForce - マイクロビジネスのグローバル分散ネットワーク

CrowdForceは、モバイルテクノロジーとマイクロビジネスのネットワークを使用して、企業、銀行、デジタル財布、および取引会社が新興市場の貧困層の数十億人に拡大するのを支援します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CRF
開始日時
2018-09-15
終了日時
2018-12-14
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
1 CRF = 0.03 USD
トークン供給数
600,000,000
公式サイトへ Owner of CrowdForce?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, XRP
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

信頼できるデータへのアクセス

サービスが十分ではないのダイナミックス経済をよりよく理解する

コンシューマーグッズの売上高の90%は、断片化した流通チェーンや複数の仲介業者を通じて伝統的な店舗で発生します。 CPGsと政府は、サプライチェーンの改善、小売りの監査、消費者の理解と競争の監視のためのリアルタイムデータを得るためにエージェントネットワークに依存しています。

金融サービスへのアクセス

すべてのコミュニティにファイナンシャル・インクルージョンをもたらす

世界には、主に新興市場に30億人以上のアンダーバンクの人々がいます。当社は、銀行、デジタルウォレット、貸出サービスとのパートナーシップを構築し、Crowdforce代理店が地域社会の代理店になる能力を強化します。

仮想通貨へのアクセス

仮想通貨を次の10億人のユーザーにもたらします。

調査によると、仮想通貨を所有する人数は580万人に過ぎません。私たちは代理店にcrowdforceアプリとcrowdforce MobilePosシステムを提供し、消費者がどこのcrowdforceでも簡単に仮想通貨を売買できるようにします。これらの代理店は、消費者がデジタルおよび取引所のウォレットに入金するための入出庫ポイントとしても機能します。

チーム すべてを見る

Oluwatomi Ayorinde
Oluwatomi Ayorinde
CHIEF EXECUTIVE OFFICER/CO-FOUNDER
Damilola Ayorinde
Damilola Ayorinde
CHIEF OPERATING OFFICER/CO-FOUNDER
Ojonoka Yusufu
Ojonoka Yusufu
PRODUCT LEAD, MICRO TASKS
Oluwabukunmi Akinmeye
Oluwabukunmi Akinmeye
PRODUCT LEAD, MICROFINANCIAL SERVICES
Tunde Kelani
Tunde Kelani
PARTNERSHIPS AND INNOVATION
Okorougo Austine Chief Technical Officer
Okorougo Austine Chief Technical Officer
CHIEF TECHNICAL OFFICER

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ