Hiveway - 初の自治分散型ソーシャルプラットフォーム

Hivewayソーシャルネットワークは、完全自律的に運営されている最初の民主的ソーシャルネットワークになります。ユーザーはメッセージ、写真、ビデオを投稿し、対話することができます。 ソーシャルプラットフォームは、選挙制度を通じて、ユーザーによって支配されます。 その目標は誰もが望む代替案を提供することです:公正なソーシャルプラットフォーム。 ユーザを商品として扱わず、権利を剥奪したり、第三者に注意を売ったりしないです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
WAY
開始日時
2018-03-01
終了日時
2018-04-01
最高目標
30,000 ETH
初回価格
1 WAY = 0.000125 ETH
トークン供給数
340,000,000
公式サイトへ Owner of Hiveway?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率85%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO - 30%
  • Weeks 1 and 2 - 20%
  • Week 3 - 10%

概要

Hivewayは分散型オープンソースのソーシャルネットワークです。サーバーはAmazon Cloud上で開催され、ユーザーデータはデータ損失を防ぐために3つのノードにランダムに格納されます。ユーザーはデータを完全に制御できます。

このインターフェースはTwitterとLinkedInの組み合わせで、ユーザーはHivewayのすべてのノードからの投稿をフォローし、送信したり読むことができます。

ユーザーは、プラットフォームの開発に投票する権利、プラットフォームを管理する立場に立つ権利、およびそれぞれの立場に対してより有能であると信じる候補者に投票する権利を受け取ります。

Hivewayは、WAYトークンによって燃料供給される内部経済を特徴とします。プラットフォームのすべてのユーザーとマイナーは、仲介プレイヤーの関与を除いて、作成したコンテンツから直接利益を得ることができます。 Hivewayは、WAYトークンと引き換えに、クライアントターゲティングオプションとマーケティングツールを、ユーザーおよび関係者に提供します。利益はプラットフォームユーザーに直接、プラットフォーム上のフォロワー、およびそれらがアクティブな他のソーシャルプラットフォームでの活動に応じて配布されます。

Hivewayプラットフォームは、WAYトークンをコミュニティに販売することによって資金提供されます。 WAYトークンは、標準のERC20トークンであり、複数のWalletおよびTrading Platformで使用できます。トークンは、Hivewayプラットフォームと対話するための唯一の通貨として使用されます。このトークンは、プラットフォーム上のユーティリティとして使用され、紹介プログラムを通じてコミュニティを成長させ、ポストブースト、パワーマーケティングキャンペーンを活性化し、ガバナンスボード内で必要なすべての仕事とその開発のための賃金として使用されます。

チーム

GABRIEL HARASIM
GABRIEL HARASIM
CEO
MATEI CORNEA
MATEI CORNEA
CTO
CORINA NICOLAE
CORINA NICOLAE
CMO

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・ 
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗