GlitzKoin - ダイヤモンドブロックチェーンを開拓

GLITZKOINプロジェクトは、ダイヤモンドの買い手と売り手の双方にウィンウィンの取引プラットフォームを提供する高いユーティリティブロックチェーンを提供します。詳細な記録は、改ざんのない環境で維持されます。 私たちの仮想通貨に裏打ちされ、我々はダイヤモンド取引のための新しくて優れた基準を定めるつもりです。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GLT
開始日時
2018-03-16
終了日時
2018-06-25
初回価格
1 GLT = 0.2 USD
トークン供給数
245,000,000
公式サイトへ Owner of GlitzKoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームStellar
タイプStellar
参加可能通貨BTC, ETH, XLM
供給率25%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 10,000 - 50,000 USD - 0%
  • 50,000 - 200,000 USD - 5%
  • 200,000 - 500,000 USD - 8%
  • 500,000 & above - 10%

概要

ブロックチェーン技術と仮想通貨は世界を変えており、ダイヤモンド産業も例外ではありません。いくつかの初期の努力にもかかわらず、ダイヤモンド産業に焦点を当てたブロックチェーンの生態系は、業界が直面している様々な問題を網羅して設計されていません。

ダイヤモンド産業における透明性、可視性、客観性の必要性は、何十年も前に感じられました。ダイヤモンドの購入または販売を処理する際に人から人への接触の必要性は市場の大きさを制限した。

GLITZKOINは従来のダイヤモンド産業の最高の機能を統合し、最新のブロックチェーン技術の実用性と機能性を重視しています。

GLITZKOINはブロックチェーン、スマートコントラクト、機械学習を含む新興技術を駆使し、ダイアモンドや貴石業界の銀行、保険会社、市場でのリスクと詐欺の削減を支援するグローバルスタートアップ企業です。我々は、サプライチェーンソリューションから、ダイヤモンドの追跡および認証、そして最後にダイヤモンドおよび関連サービスの取引のための分散型交換まで、ダイヤモンド産業の完全なエコシステムを提供しています。

チーム すべてを見る

Olga Rosina
Olga Rosina
Diamond Specialist
Shashank Agarwal
Shashank Agarwal
Head of Technology
Sofia Fischer
Sofia Fischer
Head of Marketing
Lila Hussain
Lila Hussain
Head of Business Development
Dato Alia Hm Jally
Dato Alia Hm Jally
PR and Media Relations
Dinesshwaran Yoogan
Dinesshwaran Yoogan
Marketing Manager

人気ICO記事

  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の
  • 国産グルメSNS「シンクロライフ」(SynchroLife)がICO済のトークン報酬の導入を開始

    日々、「国産コイン」で動いているサービスって殆ど無いよね、というのが口癖になっているのは著者だけでは無いはずだ。動いているという意味では最も動いているサービスが、実はある。知らない方も多いと思うが、2017年9月に香港法人SynchroLife, LimitedでICOを行っていた、グルメSNS「シンクロライフ」(SynchroLife)に、本日からトークン報酬が導入された。導入されたシンクロコインは、レビューを書いた方に対して報酬として配布されていく予定だ。今後は、店舗決済自体に使え、ユーザーにも還元されるという仕組みになっている。昨年のICO以前からプロダクト自体は公開されており、ユーザー
  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア