Fvndit - 最も急成長している経済に投資

ベトナムのFvndit社の100%子会社であるeLoanは、ベトナムで500万ドル以上の支出があり、外部資金がゼロ、SMEの中小企業向け短期資金調達プラットフォームです。私たちの成長を妨げているのは、私たちが持っているお金だけで、年間15%から20%の利子を出すという段階に達しました。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FVND
開始日時
2019-05-01
終了日時
2019-09-30
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
10,000,000 USD
初回価格
1.0000 USD
トークン供給数
11,250,000
公式サイトへ Owner of Fvndit?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨USD, BTC, ETH
供給率21.95%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Sale I - 30%
  • Pre-Sale II - 20%

概要

Fvndit(「Fund it」のように発音される)は、金融機関を必要とせずにオンラインの仲介業者を使用して貸し手と中小企業の借り手を直接結びつける、独自のピアツーピア投資および資金調達プラットフォームです。 このプラットフォームでは、AI主導の独自の信用格付けテクノロジの利点を活用して、信頼性の高い方法で即時かつ直接の融資を行うことができます。 貸し手は個人でも会社でもよく、借り手もそうです。 Fvnditプラットフォームは、人工知能(AI)と機械学習技術を借り手の情報に適用して、借り手の信用格付けを分析および開発し、信用リスク調整率を構築します。

チーム すべてを見る

Tan Tran
Tan Tran
CEO
Trung Vo
Trung Vo
COO
Tom Tran
Tom Tran
CTO
Kaur Kirikall
Kaur Kirikall
CMO
Zwan Ross
Zwan Ross
HEAD OF BD
Kentwell Kwok
Kentwell Kwok
HEAD OF IR

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[