FinTab - 仮想通貨ポートフォリオの会計システム

現在、投資家、トレーダーおよびファンドの利益に関係ある多くの仮想通貨があります。 同時に、すべての通貨が必ずしも同じ取引所にあるわけではなく、そのレートは大幅に異なる可能性があります。 このことはすべて、仮想通貨ポートフォリオの会計上の問題につながります。ポートフォリオ内のさまざまな取引所にさまざまな通貨が存在する可能性があり、現在の財務状態、特定の通貨の利回り、およびポートフォリオ全体の評価を迅速に取得することが困難になります 。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FNT
開始日時
2017-12-14
終了日時
2018-01-14
調達金額
$78,363
最低目標
63,000 USD
最高目標
200,000 USD
初回価格
1 FNT = $ 0.4
トークン供給数
14,000,000
公式サイトへ Owner of FinTab?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率89.8%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

FinTabはSaaS製品で、サービス料が請求されています。 «Pro»および«Manage»アカウントのサービスの費用はUSDで固定されますが、支払いはFinTabトークン(FNT)で受け付けられます。

P2Pのやりとり:トレーダーは、私たちのシステムを通じて、自分たちの暗号ポートフォリオに関する情報を売ることができます。 さらに、最高のトレーダーの格付けがまとめられます。

広告プラットフォーム:広告の配置と表示が分散され、各ユーザーは広告を有効または無効にすることができます。 広告ビューでは、ユーザーは広告主からトークンを取得します。

人工知能を用いた分析システムと貿易勧告

チーム

Mikhail Fadeev
Mikhail Fadeev
CEO
Grigory Maltsev
Grigory Maltsev
COO
Nikolay Ozhogov
Nikolay Ozhogov
CTO
Dmitry Motorin
Dmitry Motorin
Head of the mobile development team
Vadim Kirei
Vadim Kirei
Mobile app developer
Stas Bondarenko
Stas Bondarenko
Lead designer

人気STO/ICO記事

  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・