EthBooks - 世界初暗号中心の電子書籍ストア

EthBooksは仮想通貨のトピックに焦点を当てた電子書籍ストアです。出版社は、店舗の適切なセクションで無料で本をアップロードできます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
EBK
開始日時
2017-09-18
終了日時
2017-10-20
調達金額
42,176 ETH
最低目標
1,500 ETH
最高目標
42,500 ETH
トークン供給数
85,000,000
公式サイトへ Owner of EthBooks?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Day 1 - 2400 EBK = 1 ETH
  • Day 2-7 - 2200 EBK = 1 ETH
  • Day 8-14 - 2100 EBK = 1 ETH
  • Day 15-31 - 2000 EBK = 1 ETH

概要

EthBooksは仮想通貨で購入できる電子書籍ストアです。作者が適切なセクションで無料で作品をアップロードできます。一方、購入者は、関心のある科目に関連する電子書籍を検索し、レビューし、購入することができる。

EthBooksストアは、さまざまな通貨で十分で詳細な質の高い情報を探している人のためのワンストップショップです。

このプラットフォームでは、イーサリアムの取引のためのイーサリアムのスマートコントラクトエコシステムに基づくブロックチェーン技術と独自のトークン(EBK)を使用しています。

ストアはウェブベースでもアプリベースでもあります。 Play Store、Apple Store、Windows Storeですぐに無料で利用できるようになります。

公開された電子書籍を著作権侵害から守るために、EthBooksチームによって構築されたシステムであるthSquadも組み込まれます。

また、最高の読書体験を提供する独自のEthReaderを導入する予定です。

EthBooksの電子書籍の価格は、作者によって決定されます。作者は、販売ごとに売上の85%を取得する権利があります。 EthBooksは、各電子書籍の販売で15%の手数料を受け取ります。これはEthBooksの拡大、マーケティング、スタッフの報酬に使います。

Statistaの電子ブックデータによると、米国だけで2010年から2016年にかけて13.5億本の電子書籍が販売され、2016年だけには221百万本も販売されています。

私たちは、あらゆる国で市場シェアを目指しています。 仮想通貨への関心が高まるにつれて、EthBooks上の電子書籍販売は、より多くの人々が1つの屋根の下で質の高い情報を検索するにつれて爆発するでしょう。

チーム すべてを見る

Sebastian Lucas
Sebastian Lucas
CEO & Founder
Giovanni O’Brien
Giovanni O’Brien
CFO
Garvin Stuart
Garvin Stuart
Chief Advisor
Matthew Conrad
Matthew Conrad
Lead Developer
Yoshi Kanako
Yoshi Kanako
CMO
Leanne Santos
Leanne Santos
Chief Legal Advisor

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元: