Decentralized ID - ブロックチェーンを介したIDを分散

Decentralized ID(またはDID)はソフトウェアスキーマであり、ブロックチェーン上のIDを保護するためのものです。 DIDはIDをあなたがコントロールできるために分散します。 2017年9月に起動したDIDは、モバイルウォレットとイーサリアムネットワークに基づいたソフトウェアスキーマがあり、ブロックチェインでのID検証の実行方法を示しています。 DIDはこれを達成するための提案を提出し、IDが暗号世界でどのように使用/転送されているかを監督する基盤を開始することを推奨しています。 このプロジェクトは、政府機関と緊密に協力して、ナショナルIDカードをブロックチェーンに保存するパイロットスタディを実施しています。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
DID
開始日時
2018-01-04
終了日時
2018-02-14
最低目標
15,000,000 USD
最高目標
75,000,000 USD
トークン供給数
16,800,000,000
公式サイトへ Owner of Decentralized ID?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH, BCH
供給率84%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO - 30%

概要

あなたのIDをあなたのコントロールに分散させて置く

DIDはソフトウェアスキーマであり、ブロックチェーンであなたのIDを保護するためのファンドです。 DIDはあなたのIDをあなたのコントロールに分散します。 2017年9月に発売されたDIDには、モバイルウォレットとイーサリアムネットワークに基づいたソフトウェアスキーマがあり、ブロックチェーンでのID検証の実行方法を示しています。 DIDはこれを達成するための提案案を提出し、IDが仮想通貨世界でどのように使用/転送されているかを監督する基盤を開始することを推奨しています。このプロジェクトは、政府機関と緊密に協力して、ナショナルIDカードをブロックチェーンに設置するパイロットスタディを実施しています。

DIDファンド

2018年第1四半期に成功したICOの後、トルコール・インベストメンツ・リミテッドは、ICO参加者から提供された予算に基づいて、英国法に基づくチャリティ・アンド・トラスティー投資法に従ってファンドを設立する予定です。ファンドには3つの目標があります:

  • あなたの身分証明書の保護:基礎の第1の目的は、あなたを保護し、あなたの身分証明書をブロックチェーンに置くことです。その心臓部では、あなたの利益を守るために身分証明書を分権化するための基礎があります。
  • 信頼の提供:基盤は、パブリッシャーとサブスクライバーが集まり、IDをブロックチェーンを介して安全かつ双方向の信頼関係をもって転送するための信頼プラットフォームを形成します。
  • Crypto-positive:今日、暗号技術は新しい並列インターネットであると信じています。私たちは、人々が暗号の未来に向かう理由と最初のステップになりたいと思っています。

BOCA証明書。

DID財団は、地方自治体のネットワーク上での信憑性に対する加入者の信頼を想像して再設計します。 IDまたはデータを組織に提供する前に、要求されたトランザクションが検証済みのソースから取得された場合、分散ネットワークをチェックすることができます。これらのスマートコントラクトは、IDの確認や発行に参加することを希望する事業体に属する真正性の反駁不能な証明書として証明されます。今日のSSL証明書のように、これらのBOCA証明書には、割り当てられた当事者に関する詳細情報と、それに付随する有効期限およびその他の属性が付属します。ユーザーは、ID要求の発信元を安全かつ安全に確認することができます。

チーム すべてを見る

Sheikh Abdullah Naveed
Sheikh Abdullah Naveed
CEO & CTO
Sebastien Denis
Sebastien Denis
PROJECT MANAGER & FINTECH MARKETS EXPERT
Audrey Friel
Audrey Friel
Liaison Manager
Javed Afzal
Javed Afzal
FINANCIAL CONSULTANT & FOUNDATION ADVISOR
Dolciebella Eliott
Dolciebella Eliott
Blockchain Technology Enabler
Kaitlin Argeaux
Kaitlin Argeaux
Relationships Manager

人気ICO記事

  • 国産グルメSNS「シンクロライフ」(SynchroLife)がICO済のトークン報酬の導入を開始

    日々、「国産コイン」で動いているサービスって殆ど無いよね、というのが口癖になっているのは著者だけでは無いはずだ。動いているという意味では最も動いているサービスが、実はある。知らない方も多いと思うが、2017年9月に香港法人SynchroLife, LimitedでICOを行っていた、グルメSNS「シンクロライフ」(SynchroLife)に、本日からトークン報酬が導入された。導入されたシンクロコインは、レビューを書いた方に対して報酬として配布されていく予定だ。今後は、店舗決済自体に使え、ユーザーにも還元されるという仕組みになっている。昨年のICO以前からプロダクト自体は公開されており、ユーザー
  • コインを自ら上場させ、無制限の取引手数料を手に入れる長期投資方法「NY発、新興取引所BitMart」

    現在、ビットコインを代表とした仮想通貨の価値が高騰している中、多くの投資家の方々は仮想通貨投資に大きな可能性を見出しています。最近では、Fcoinが開発した「トランスフィーマイニングモデル」が多くの投資家の注目を集めました。このモデルにより、投資家自身がプロジェクト掲載(上場)プロセスに参加し、取引手数料を得ることができるようになりました。BitMartは、そのようなマイニングモデルに投資家のニーズがあると確信しております。そこで、BitMartはミッションX (Community Listing Market)をスタートします!ユーザーは、好きなプロジェクトに対しBMXによるサポート(投資)
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の