Decentralized ID - ブロックチェーンを介したIDを分散

Decentralized ID(またはDID)はソフトウェアスキーマであり、ブロックチェーン上のIDを保護するためのものです。 DIDはIDをあなたがコントロールできるために分散します。 2017年9月に起動したDIDは、モバイルウォレットとイーサリアムネットワークに基づいたソフトウェアスキーマがあり、ブロックチェインでのID検証の実行方法を示しています。 DIDはこれを達成するための提案を提出し、IDが暗号世界でどのように使用/転送されているかを監督する基盤を開始することを推奨しています。 このプロジェクトは、政府機関と緊密に協力して、ナショナルIDカードをブロックチェーンに保存するパイロットスタディを実施しています。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
DID
開始日時
2018-01-04
終了日時
2018-02-14
最低目標
15,000,000 USD
最高目標
75,000,000 USD
トークン供給数
16,800,000,000
公式サイトへ Owner of Decentralized ID?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH, BCH
供給率84%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO - 30%

概要

あなたのIDをあなたのコントロールに分散させて置く

DIDはソフトウェアスキーマであり、ブロックチェーンであなたのIDを保護するためのファンドです。 DIDはあなたのIDをあなたのコントロールに分散します。 2017年9月に発売されたDIDには、モバイルウォレットとイーサリアムネットワークに基づいたソフトウェアスキーマがあり、ブロックチェーンでのID検証の実行方法を示しています。 DIDはこれを達成するための提案案を提出し、IDが仮想通貨世界でどのように使用/転送されているかを監督する基盤を開始することを推奨しています。このプロジェクトは、政府機関と緊密に協力して、ナショナルIDカードをブロックチェーンに設置するパイロットスタディを実施しています。

DIDファンド

2018年第1四半期に成功したICOの後、トルコール・インベストメンツ・リミテッドは、ICO参加者から提供された予算に基づいて、英国法に基づくチャリティ・アンド・トラスティー投資法に従ってファンドを設立する予定です。ファンドには3つの目標があります:

  • あなたの身分証明書の保護:基礎の第1の目的は、あなたを保護し、あなたの身分証明書をブロックチェーンに置くことです。その心臓部では、あなたの利益を守るために身分証明書を分権化するための基礎があります。
  • 信頼の提供:基盤は、パブリッシャーとサブスクライバーが集まり、IDをブロックチェーンを介して安全かつ双方向の信頼関係をもって転送するための信頼プラットフォームを形成します。
  • Crypto-positive:今日、暗号技術は新しい並列インターネットであると信じています。私たちは、人々が暗号の未来に向かう理由と最初のステップになりたいと思っています。

BOCA証明書。

DID財団は、地方自治体のネットワーク上での信憑性に対する加入者の信頼を想像して再設計します。 IDまたはデータを組織に提供する前に、要求されたトランザクションが検証済みのソースから取得された場合、分散ネットワークをチェックすることができます。これらのスマートコントラクトは、IDの確認や発行に参加することを希望する事業体に属する真正性の反駁不能な証明書として証明されます。今日のSSL証明書のように、これらのBOCA証明書には、割り当てられた当事者に関する詳細情報と、それに付随する有効期限およびその他の属性が付属します。ユーザーは、ID要求の発信元を安全かつ安全に確認することができます。

チーム すべてを見る

Sheikh Abdullah Naveed
Sheikh Abdullah Naveed
CEO & CTO
Sebastien Denis
Sebastien Denis
PROJECT MANAGER & FINTECH MARKETS EXPERT
Audrey Friel
Audrey Friel
Liaison Manager
Javed Afzal
Javed Afzal
FINANCIAL CONSULTANT & FOUNDATION ADVISOR
Dolciebella Eliott
Dolciebella Eliott
Blockchain Technology Enabler
Kaitlin Argeaux
Kaitlin Argeaux
Relationships Manager

仮想通貨で仕事しよう!

COINJINJAではオフィシャルライターを募集しています。

お仕事内容:

  • 仮想通貨に関する/ICOに関する記事の執筆
  • 元情報が英語である事が多いので英語が読み書き出来る事が望ましいです
  • 報酬は仮想通貨で支給します

まずはご連絡下さい!

人気ICO記事

  • 「仮想通貨×投資家:億り人とか言われるけど、ただの駆け出しの投資家ですよ」(Crypto Stories vol.4)

    今回は、世間的にはいわゆる「億り人」と呼ばれる仮想通貨ブロガーのseiyaさんとかきぴーさんと対談形式でのインタビューを実施しました。幾つか印象的だった事があって、確かに彼らはサラリーマン生活から離脱して、いわゆるニートのような生活を始めています。が、話の中では特に豪遊している様子も無く、「投資家としてやっとスタート地点に立った」「上位のブロガーと比べると継続的に成果を出せるわけでは無い」など、非常に現実的な目線が印象的でした。また、「たまたま仮想通貨で当たっただけ」と本人達は言っていますが、かきぴーさんは2015年の末から仮想通貨投資を始めていますし、seiyaさんも参入は2017年5月だけ
  • 【API連携】HitBTC/ヒットビーティーシーのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDの突破された場合のトラブルについては弊社は責任を負い兼ねますのでご了承ください。キーをコピーする際に「全選択」を選択してから貼り付けてください。「選択」でコピーすると全部貼り付けされていない可能性があり
  • 【2018年版】日本の有力な仮想通貨メディア

    今回は、日本国内の有力仮想通貨メディアを紹介していきます。選抜の基準は独断と偏見だったりしますが、基本的にはPV数が大きいものをチョイスしています。全体としては、短めな文章で、海外の最新ニュースを届けているサイトが多いですね。海外のトップ仮想通貨メディアであるCoinTelegraphの日本語版です。
最早日本においては鉄板と言える媒体です。
記事毎に付くアイキャッチ画像が独特で、あー、あのメディアか、と印象に残りやすいですね。国内メディアの中では、最も精力的に動いているメディアさんです。
海外の仮想通貨関連のカンファレンスにも大勢で乗り込んでインタビューを取ってきたり。
日本からも1次情