Data Trading - 人工知能の助けを借りて取引予測の新しい時代

DataTradingはコミュニティの各ユーザがアクセス可能なオープンな開発モジュールを用いて、交換市場の分析と予測のための人工知能に基づくプラットフォームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
DTT
開始日時
2018-02-01
終了日時
2018-02-22
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
26,000,000 USD
初回価格
0.1 USD
トークン供給数
36,000,000
公式サイトへ Owner of Data Trading?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, DASH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - 30%

概要

DataTradingは、取引およびコンサルティングの世界における革新的なプロジェクトであり、株式および仮想通貨取引市場における取引のための一連の分析および予測ツールを提供し、人工知能に完全に基づいています。ビッグ・データ・トレーディング・リミテッドは、香港に駐在員事務所を持つ2017年1月23日に法人として登録されました。プロのチームと投資家のサポートにより、DataTradingはすでに収益性の面で多くのトレーディング戦略を上回る結果を示すMVPを開発しています。現代世界では多くの分析およびトレーディング戦略サービスがあります。 DataTradingと他のすべての企業との基本的な違いは、機械学習とニューラルネットワークを使用してタスクを解決することです。これらの革新的な商品は、トレーダーやコミュニティにも提供され、市場を予測するための独自のモデルを開発することができます。訓練されたモデルは、データ取引の各顧客に利益をもたらすことができます。取引に使用することも、他の市場参加者に販売することもできます。 機械学習コンストラクタは開発が容易で、すべてのクライアントや専門教育を受けていないクライアントも使用できます。

DataTradingサービスは、独自のトレーディング戦略のコンストラクタを開発し、また、ニューラルネットワーク上の株式および仮想通貨市場向けの完全な分析ツールを実装します。

株式/仮想通貨資産のスクリーナ。 貿易アドバイザー。 ICO / IPOの採点; コミュニティに利用可能なニューラルネットワークを接続して訓練する能力を持つトレーディング戦略のコンストラクタ。 * 自己学習型ニューラルネットワークの実装

チーム すべてを見る

Anton Vokrug
Anton Vokrug
CEO
Alexander Gandzha
Alexander Gandzha
CTO
Li Yongjin
Li Yongjin
Lead Partner
Li YongGang
Li YongGang
Lead Partner
Dmitry Tomchuk
Dmitry Tomchuk
Managing partner
Lena Khlevnaya
Lena Khlevnaya
Business development

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗