Clickleは、企業が自社のアプリのように行動する方法で、顧客とデジタルでやりとりする方法を提供するためのプラットフォームです。さらに、プラットフォームとしてのClickleは、ビジネスにとって非常に困難または不可能な追加のサービスを提供します。多くの中小企業(SMB)にとって、これは顧客とのアポイントを自動的に作成したり、待ち時間(コールバックや遅延情報など)を減少したり、特定の情報や文書にアクセスしたり、注文をデジタル形式で受け入れたり、実行したりする最初の機会です。 世界中のあらゆるビジネスは現代のデジタルサービスを顧客に直接提供することができます。Clickleはユーザーに追加のメリットをもたらします:中央組織と1つのツールとそのインテリジェントな自動化ですべてのビジネスに連絡する可能性のため、Clickleは顧客の努力を大幅に削減します。 Clickleは日常生活の理想的なパートナーになります。 その主要機能を備えたClickleは今日でもすでに使用可能です。 トークンの販売後に、仮想通貨の支払いシステムと報酬システムが追加で開発される予定です。 Clickleは完全に開発されたプラットフォームです。 トークン販売による収入は、主にマーケティング業務や追加開発に費やされます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CLICK
開始日時
2017-12-16
終了日時
2017-12-23
初回価格
1 CLICK = 0.20 EUR
トークン供給数
17,000,000
公式サイトへ Owner of Clickle?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率85%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Clickleは、ビジネスのためのプラットフォームであり、顧客がビジネスの独自のアプリケーションのようにデジタルで対話する方法を提供します。さらに、プラットフォームとしてのClickleは、ビジネスが独自のアプリケーションに統合することが非常に困難または不可能な追加サービスを提供しています。多くの中小企業(SMB)にとって、これは顧客とのアポイントを自動的に作成し、コールバックや情報の遅延などの待ち時間を避け、特定の情報や文書にアクセスしたり、デジタルで注文を受けたりするための最初の機会ですフォームを作成して実行します。世界中のあらゆるビジネスは、現代のデジタルサービスを顧客に直接提供することができます。 Clickleは、ユーザーのための付加価値を創造します。中央組織と1つのツールとインテリジェントな自動化ですべてのビジネスに連絡する可能性があるため、Clickleは顧客の努力を大幅に削減します。 Clickleは日常生活の理想的なパートナーになります。

その主要機能を備えたClickleは、今日でもすでに使用可能です。トークンの販売後に、仮想通貨の支払いシステムと報酬システムが追加で開発される予定です。

Clickleは完全に開発されたプラットフォームです。トークン販売による収入は、主にマーケティング業務に費やされます。

チーム

Michael Skopnik
Michael Skopnik
CEO
Stefan Roepstorff
Stefan Roepstorff
CTO
Jasmin Kloetzer
Jasmin Kloetzer
CMO
CHRISTIAN SIMMONS
CHRISTIAN SIMMONS
COO

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗