Brisk Pass - 分散化交通

Brisk PassはBriskCoinと呼ばれる独自の仮想通貨を利用して、Brisk Walletと呼ばれる仮想通貨ウォレットを統合したグローバル交通アクセスパスで、サービスの支払いおよび/または資金の移転を行います。通勤者は通勤に毎日数十億を費やしてます。毎日の通勤は約平均家計支出の15%を占め、日常生活の重要な部分を占めています。 近年の交通手段の価格が高騰しても、方法、モード、旅行の頻度は変わらず、同様のパターンで継続しています。 私たちはほぼ毎日、バス、タクシー、電車などの複数の公共交通機関を利用しています。 ほとんどの場合、一回の旅にはさまざまな交通サービスプロバイダを使用し、現金、プリペイドカード、会員カードなどの複数の支払い方法を使用する必要があります。費用がかかり、効率が悪くて古い、大量の二酸化炭素が発生します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
BSK
トークン供給数
70,000,000,000
公式サイトへ Owner of Brisk Pass?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale 5 days - 100%
  • Tier-1 20 days - 25%
  • Tier-2 15 days - 15%
  • Tier-3 5 days - 0%

概要

Brisk Pass is a GLOBAL transportation access pass with integrated cryptocurrency wallet called Brisk Wallet utilizing its own exclusive cryptocurrency called BriskCoin to pay for services and/or transfer funds.

Billions are spent daily on public transit by commuters for commuting between one place to another. Daily commute incorporates approx. 15% of an average household expenditure and it is an important part of our daily livelihood. Even with growing prices of transportation in recent years, our methods, modes, and frequency of travel have not changed and continued in similar patterns. Most of us daily use multiple modes of public transportation such as buses, taxis, and trains to get around. In most cases, we have to use different transportation service providers for a single trip and use multiple modes of payments such as cash, prepaid cards, membership cards, etc. These methods are expensive, inefficient, outdated and carry large carbon footprint.

PAY AS YOU GO

Brisk Pass Will Overcome The Shortcomings Of Current Payment Methods Enabling Users To Spend For Their Commute On-Demand As And When They Need Too, Without Any Worries Of Prepaid Balance Limitations Or Losing The Balance In Case Of Expiry.

GLOBAL ACCESS

Brisk Pass Will Negate Borders, Languages, Local Currencies, Exchange Rates And Other Limitations Associated With Current System. Brisk Pass & BriskCoin Will Enable You To Pay For Any Public Transport Worldwide Without The Need To Purchase Any Local Pass Or Exchange Cash To Pay With Local Currency.

NOT JUST A TRANSPORTATION PASS

Brisk Pass Will Provide Users With Its Own Cryptocurrency Wallet Called Brisk Wallet Utilizing Its Own Exclusive Cryptocurrency Called BriskCoin For Transferring/Receiving Money, Exchanging It With Other Crypto/Fiat Currencies And Paying For Services Or Products, Making Brisk Pass A Limitless Solution.

GO GREEN

Brisk Pass Is An Environment Friendly Solution. An Approximate Carbon Footprint Of A Plastic Card Is 35g CO2 Equivalent/Card Thus Contributing In The Range Of 2,000,000,000*35g CO2 Equivalent To The Carbon Footprint Of The Card Industry Or A Total Of 70,000 Tons Worldwide. Using Brisk Pass Travelers Will No Longer Need To Use Disposable Plastic Cards And Will Reduce Carbon Footprint Significantly.

チーム すべてを見る

FRANK MÜHLHÄUSER
FRANK MÜHLHÄUSER
CEO
MARCUS HERZIG
MARCUS HERZIG
CTO
PATRICK STREIT
PATRICK STREIT
PROJECT EXECUTION MANAGER
PETER FRITZSCHE
PETER FRITZSCHE
LEAD IT OPERATION MANAGER
PETER LANGE
PETER LANGE
LEAD BACKEND DEVELOPER
MARC OPPEL
MARC OPPEL
LEAD MOBILE APP DEVELOPER

人気STO/ICO記事

  • 韓国のIT業界4名、不特定の人事担当者のPCに侵入しMoneroをマイニング・・懲役が下される

    韓国の現地メディアKBSによると、IT業界で働いていた4名が2017年10月から12月までの2か月にわたり、韓国企業の人事担当者のPCに侵入し、時価総額10位のモネロをマイニングした疑いで逮捕された。フリーランスプログラマー、ショッピングモールを運営している4名は、2017年9月、注目を浴びていた仮想通貨を利用し、情報通信技術の盲点を狙い犯行を行った。仮想通貨で金銭的な利益を得るには、マイニングをするか、取引で利益を得る2つの方法がある。彼らはこの中で、マイニングを選んだ。通常マイニングを事業化するには、数百台のパソコンを用意する必要があるが、彼らはインターネットに接続された不特定多数のPCに
  • 【コインポインとは】無料でビットコインが貰える|リスクなく暗号資産を運用しよう

    コインポインとはコイン相場が運営するお小遣いサイトです。普段のお買い物や娯楽などのサービス利用をで利用するだけで、ビットコインを貰うことができるお得なお小遣いサイトです。ビットコインといえば、2017年4月頃から2017年末のバブル期を彷彿とさせる価格高騰をみせており、改めて注目を集めています。新しいテクノロジーとして投資家から注目されるビットコインですが、まだまだ黎明期であり不安定な市場です。そこで、投資初心者の方にも手軽にリスクなくビットコインに触れて欲しいという想いから、がリリースされました。や、として、まずは気軽に体験してみませんか?の仕組みはアフィリエイト広告で成り立ってい
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調