ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

【ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない】

ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。

本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。

ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日に業務改善命令を解除されていた。

ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。

参照元:BITPOINT

【サービス停止開始時間】

2019年7月12日(金) 10:30 ~

【ご利用いただけないサービス】

  • WEB取引サイト(ログイン不可・取引不可)
  • BITPoint MT4取引(ログイン可・取引不可)
  • API及びSmart APIサービス(ログイン不可・取引不可)
  • 店舗決済サービス(ログイン不可・取引不可)
  • BITPointWalletアプリ(ログイン不可・取引不可)
  • BITPointLITEアプリ(ログイン不可・取引不可)

こちらのニュースもチェック!!

7/12 ドナルド・トランプ、仮想通貨は信頼できない

7/11 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

7/11 プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認「本体ではない

TRONの北京オフィスに警察出動-トロンの名前を使ったHYIP案件が原因

キムチプレミアム再来、日韓でアービトラージってできるんだっけ!?

持ち逃げ疑惑のプラストークン関係者ら6名がバヌアツで逮捕

コインポイン

関連記事

  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • ステーキングサービス「Sanka Network」 by HashHub

     HashHubが運営するPoSの保有報酬を受け取る手続きをするためのプラットフォームです。Sanka Netowrkはユーザーの資産を預かることはせず、ユーザーは自身のウォレットで資産を管理しながら報酬を得られます。今後、コイン相場アプリ内にも各通貨のウォレットを実装、Sanka Networkへ簡単に使える、モバイルクライアントとなる予定です。cosmosvaloper1uyt0yuv7cz7ppwefl9ths336ln7ysvg2jlj76t tz1PYF2Fcqk7YjZGquNy8bFznhCLhyi9PpVzsanka

コメント