【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

【カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ】

10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。

カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。

これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。

一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予測する人もいる。

参照元:Cointelegraph

【プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認「本体ではない」】

odailyなどの中国現地メディアによると、突然出金中止になり、詐欺疑惑のあるプラストークンのピラミッドの最上階級らが中国のえんじょう(盐城)の公安当局に引き渡された。

先日、プラストークンの創設者として推測される6人がバヌアツで詐欺行為を行い逮捕されたと報道された事実がある。

盐城の公安当局は「バヌアツの司法当局から既に容疑者らを引き渡された」と述べ、彼らはプラストークンのピラミッドの最上階級に立つものだが、事件の本体ではないことを明らかにした。

また、盐城公安当局はインターネット上で流れているプラストークン関係者 谷智江(こく・ちこう)の指名手配の写真について「捏造されたものではなく実際の資料」であることを明らかにした。

当局は谷智江はプラストークンのマーケティングのために、関係者として舞台に立ちプラストークンの顔の役割を果たしてきたと述べ、現在把握された手がかりを総合し、逃走したと推定される背後の主要人物を逮捕することに主力すると述べた。

参照元:odaily

【バイナンス、BTCマーケットの最低注文単位を変更0.001BTC→0.0001BTC】

7月11日、午後12時ごろ中華系の仮想通貨取引所バイナンスがBTCマーケットでの最低注文単位を0.001BTC(約1,267円)→0.0001BTC(約126円)に変更することを公表した。

こちらのニュースもチェック!!

7/10 米税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針か

7/10 シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開

7/10 イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

TRONの北京オフィスに警察出動-トロンの名前を使ったHYIP案件が原因

キムチプレミアム再来、日韓でアービトラージってできるんだっけ!?

BTC半減期でマイニング業者はBTCを売らない、LIBRAの難航

持ち逃げ疑惑のプラストークン関係者ら6名がバヌアツで逮捕

今回のビットコインの上昇と2017年の5つの違い

コインポイン

関連記事

  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・

コメント