【ランキング】ICO時価総額ランキングTOP5

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

ICOの時価総額がデカすぎて

年末になったんでもうこれ以上デカいICOは登場しないと踏んでランキングほ発表します。(順位変わったら即修正しますwww)

ランキングの調べ方

仮想通貨ユーザーは必須のサイト、CoinMarketCapでTOKENでフィルタをかけてmarketCap(時価総額)順に並べました。

但し、一部はCOINのカテゴリに入っているので、抜き出しているものもあります。(イーサリアムとかですね)

ランキング上位はICOから上場に至った通貨が多いですね。

いわゆるICOドリームってやつでしょうか、夢があって最高です!

TOP5発表

5位 Qtum - 46.33億ドル

4位 EOS - 61.76億ドル

3位 Cardano - 130.59億ドル

2位 IOTA - 142.09億ドル

1位 Ethereum - 793.66億ドル

日本の上場企業のTOP5は?

日本の上場企業の時価総額と照らし合わせてみましょう。

どれだけ凄いかがよく分かります。(1ドル=112円換算)

5位 ソフトバンク - 883億ドル

4位 NTTドコモ - 933億ドル

3位 NTT - 1,004億ドル

2位 三菱UFJ - 1,058億ドル

1位 トヨタ - 2,122億ドル

ビットコインはトヨタを超えた

ビットコインの時価総額は12月22日現在2,380億ドルなのでトヨタを超えました(拍手)

ビットコインとイーサリアムで約4倍の開きがあるのでまだ時間かかりそうですが私は応援し続けます。

ビットコイン長者もたくさん登場してることと思います。(超絶裏山)

日本の超一流企業に肉薄

何十年とかけて増やし続けてきた上場企業の時価総額を仮想通貨が一瞬で追い抜くというのがカッコいいと思ってしまいます。

株式はなくなることはないですが、世間の関心が仮想通貨に向いている表れではないでしょうか。

僕も株辞めて、仮想通貨ラバーですからね。

どんどん、ICOドリーマーが増えていくことを願います。

私も早く億り人になりたいです!!

(参照)ICO時価総額6位から10位も公開

こちらもご参照ください。

東証2部やマザーズに上場してる会社は結構抜かれているのではないでしょうか。

これ見たら株から仮想通貨に変えたくなるでしょ(^_^)

関連記事

  • マイナーにとって素晴らしい日

    私たちの早期優先マイナーは、3日間の独占的なマイニング権を享受しており、7/11夜、最初のATと報酬を受け取りました。 マイナーにはどのようなメリットがありますか?私たちは何人かの早期優先マイナーと話し合い、素晴らしい話を伺うことができました。 優先マイナーの1人は、友人の紹介から参加した方でした。 彼はマイニングをして大きな衝撃を受け、スクリーンショットを送ってくれました。トレードとマイニングを通じて、1.57ETHは1.603ETH、0.000184BTC、0.000723USDT、5.19ATに増えました。まったく心配しないでください。7/12午後12時から、ABCCはTrade-to-
  • 【API連携】CoinEx/コインイーエックスのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。APIを取得したときのIPアドレスとアプリを使用する場所が違うとIPアドレスが変わり、ログインできなくなります。ログイン
  • 新興の仮想通貨取引所ABCCが本日(7月12日)午後1時から取引マイニングを開始

    仮想通貨取引所ABCCは数日前に、ATトークンのリリースを発表し、取引マイニングを開始している。4日間のプレマイニング期間が終了し、本日(7月12日)午後1時から全てのユーザーに取引マイニングが開放される。同取引所はFuncity Capital、Dream Seeker Capitalなどからの出資を受けている。既にマイニングが始まり、この数日間で、Coinhillsでは7位に位置する取引高を記録している。現段階では、ABCCではAPIを開放しておらず、数週間後に開放を想定している。現在の取引高が続くようであれば開放後にはさらなる取引高の増加が見込まれる。1. 第1半減期におけるATの総数:

コメント