最安値でイーサリアムを購入出来るのはどこ!?国内仮想通貨取引所比較【ICOへの参加STEP.2】

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

通常、ICOに参加するのには、そもそも仮想通貨を持っていなくてはなりません。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)やイーサリアム(Ethereum/ETH)などの主要な仮想通貨でICOのトークンを購入する事が多いからです。

一般的には、イーサリアムがICOのトークンで使われることが多いので、今回はイーサリアムをどうやって購入するかについて説明していきます。

参考:

ICOへ参加するために必要なステップ

  1. イーサリウムウォレットをダウンロード

  2. ETHを購入し、ウォレットに移す

  3. ICOを選定し、指定アドレスに送金

  4. トークンGET

1. 国内仮想通貨取引所の手数料比較

まず、比較表をお見せします。

仮想通貨取引所名 取引手数料 日本円 出金手数料 取引所
bitflyer (ビットフライヤー) 0.20% 無料 -
Coincheck(コインチェック) 0% 0.01ETH -
zaif (ザイフ) 0%(M)0.1%(T) 0.01ETH
bitbank (ビットバンク) 0% - 0.0005ETH
QUOINEX (コインエクスチェンジ) 0.10% - 無料
BITpoint(ビットポイント) 0% 無料
みんなのビットコイン 0.25% 無料
GMOコイン 0% 無料 -
Bit Trade(ビットトレード) 0.2%(M)0.25%(T) - 0.0005ETH
BTCBOX (ビットボックス) 0% 0.01ETH
DMM Bitcoin(DMMビットコイン) 0% 0.001ETH

そして、結論から言えば、現時点だとBITpointで購入するのが1番おすすめです。

2. 比較のポイント

幾つか比較すべきポイントがあるので、それぞれ見ていきましょう。

今回に関しては、5つのポイントで説明します。

2-1. イーサリアムの取扱

そもそもの話、取扱がある仮想通貨取引所を選ばないといけません。

取引所毎に取り扱っている仮想通貨の種類が違うからです。

今回に関しては11社、ビットコインに次ぐ人気通貨なので、半分以上が取扱をしている計算になります。

先程の表は、取扱がある所だけを抜粋したので、ここまではOKですね。

2-2. 日本円で買える?

次に、日本円で買えない場合があります。

え?じゃあどうやって買うの?という話になりますね。

ビットコインで買うんです。

そもそもビットコインを持っていない場合は、まず日本円との取引ペアがある取引所を選ぶ必要があります。

の3つが無いですね。なので、ここで8社まで絞られました。

2-3. 取引所と販売所

取引所と販売所の違いに関しては、 『仮想通貨・ビットコインのやさしい始め方』にあるこの記事が詳しいです。

簡単に言ってしまえば、取引所は個人間の売買、販売所は取引所から購入する、というのが違いです。

一般的に、取引所で購入する方が安く買えるので、取引所を選択しましょう。

そうすると、

は販売所だけで取引所がありません。(※他の仮想通貨では取引所も併設しているケースはあります)

なので、ここで5社まで絞られましたね。

2-4. 取引手数料

取引手数料は、売買時に仮想通貨取引所に支払う手数料です。

販売、もしくは購入した仮想通貨の何%かを取られることになります。

幸いにも現在は無料で運営している所もあります。

残った中で唯一手数料が掛かるのが、

です。やっとこれで4社に。

2-5. 出金手数料

最後に出てくるのが、出金手数料。

ICOに参加する為には、

2.ETHを購入し、ウォレットに移す

というステップが発生する為、仮想通貨取引所から一旦自分のウォレットに送金する必要があります。

おすすめのウォレットはこちらから。

その時に、銀行で言うと、送金手数料のようなものが掛かります。

残った4社の取引所では、

といった手数料が取られてしまいます。

やっと結論が出ました。

3. おすすめ度ランキング

1位 BITpoint

最終的に、出金手数料が無料というのがポイントで1位になりました。

BITpointです。

あまり有名では無い!?仮想通貨取引所になりますが、上場企業が運営元になっています。

意外と安心して使えますね。

2位 DMM Bitcoin

最近OPENしたばかりのDMM Bitcoin

いきなりランクインです。

勿論ご存知のDMMグループで、FXでも日本Top2に入っています。

新しい取引所だとその辺りの運営に不安がありますが、DMMの場合は元々ノウハウがありそうです。

3位 zaif

数字の条件だけ見るとBTCBOX がランクインする予定でした。

こちらは現時点だと日本で5番目の取扱高があるのですが、イーサリアムはちょっと取引量が少ないですね。

zaifの場合、取引手数料が条件付きで掛かってきてしまいます。

それでも、取引量が多いので、zaifの方がスムーズに購入出来る可能性が高いです。

最後に

以上がイーサリアムの購入オススメ先の比較結果でした。

結構色々あるなぁ、と思われた方も多いかもしれません。

でも、結局仮想通貨取引の場合は、色んな口座を全部持っておく方が有利に働くことが多いです。

この際、TOPの3つで口座を持っていない所があれば、全て口座を作っておいた方が後々困らないですよ。

関連記事

  • ICOに日本一詳しいCOIN JINJA (コイン神社) がプレオープン!

    初めまして、です。数ヶ月の間システムの開発やICO情報翻訳等の準備を進めてきましたが、やっと今週からプレオープンする事が出来ました。まだまだ足りない所ばかりですが、正式リリースに向かってブラッシュアップしていきます!乞うご期待ください!合わせて、仮想通貨アプリ「」もリリースしています。宜しくお願い致します!
  • スタッフが駐在する仮想通貨取引所coinoneを韓国で開設!仮想通貨大国を目指せるか!?

    韓国3番目に大きいビットコイン取引所coinoneは、本日リアルの取引所を開設した。韓国初の仮想通貨OTC販売になる。当面販売する暗号通貨は、ビットコイン(BTC)以外、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リップル(XRP)とQTUMの6種類。取引所となる複合施設には、市場情報を展示する大型モニターやATMが用意され、スタッフによる顧客相談も対応。現在に業界別のICO(トークンのクラウドセール)プロジェクト、合計464件を公開している。
  • Blackmoon投資ファンドのトークン化プラットフォームが仮想通貨はさらなる盛り上がりを見せる

    トークンファンドで現実の世界と暗号経済の両方に投資機会を提供するために世界最高のフレームワークを作成することを目指しています。 3日目 ~ 7日目 1 BMC = 1.05 USD実世界と仮想通貨経済の両方で投資機会を提供するため、世界最高峰のトークン化された資金の枠組みを作り、維持することを目指しています。これは認可機関に柔軟性をもたらし、仮想通貨投資に対する蓄積された財務知識を活かします。地方分権化、透明性、取引可能性、コスト効率など、クリプト世界全体の利益を維持しながら、収入源の多様化を行います。投資ファンドの法的に準拠した構造は、当社の法律顧問によって審査され承認されます。規制リスク

コメント