2018年2月注目のICOランキングTOP10発表!(純粋なアクセス数)

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

COIN JINJAで2018年2月に注目を集めたICOのTOP10をCOIN JINJAのアクセス数をベースにして編集部の独断と偏見を加味した独自の目線でランキング形式で発表していきます。

最近、市場がよくないので安全で上場が手前の非上場ICOに投資する方々が多いと思います。

ICO投資はかなりリスキーですが銘柄によっては大きなリターンも期待できるのでちゃんと見極めて参加する価値はあると思います。

以下はランキングです。

第 10位:Medicalchain

健康記録をブロックチェーンに記録します。マーケター、医者など人員採用を積極的にやっているので興味ある方はご参考ください。

/ico/medicalchain

第9位:Dorado

AI、ロボット、ドローンをもとに人々のニーズに応じてどこでもなんでも配達できるようにし物流に革新を起こします。これが実現できればすごい!

/ico/dorado

第 8位:SirinLabs

イスラエル軍のサイバー系の部隊出身者で成り立っているそうです。高度なセキュリティ技術を持っています。仮想通貨の雑誌にも乗っていたので注目度が高かった案件だと思います。

/ico/sirin-labs

第 7位:MARK.SPACE

ブロックチェーンベースで3DとVR対応のウェブ空間を提供します。公式ホームページが独特で記憶に残っています。

/ico/mark-space

第 6位:NapleonX

金融専門家たちが作ったTrading botであるDAFが核心事業です。botの技術はとどまることなく進歩していきます。

/ico/napoleon-x

第 5位:Tradove

ビジネス・ソーシャル・ネットワークでです。マーケティングに使えそうですね。

/ico/Tradove

第 4位:Hero

Heroという名前のプロジェクトがCoinjinjaにも3件も上がっています。それぞれ違うプロジェクトなのでご注意ください。

/ico/hero-2

第 3位:Leadcoin

流行り?のブロックチェーンベースのマーケティングプロジェクトです。

/ico/leadcoin

第 2位:shophin

オンライン流通業者たちを集め、分散型のアマゾンを目指します。 CoinAgendaという大会で優勝していますので技術力は高そうですね。

/ico/shopin

第 1位:Hero

1月も一番アクセス数が多かったHeroですが、2月もアクセス数がトップでした。有望な案件だけありますね。

/ico/hero-1

関連記事

  • TEAMZが9月28日にBLOCKCHAIN SUMMITを開催

    日頃お世話になっている弊社のCoinJinja読者の皆様と先日NEXTECONOMY CONFERENCEにご参加頂いた皆様、コイン相場をご利用の皆様にパートナーであるTEAMZが開催するTEAMZ BLOCKCHAIN SUMMITのDay1チケット(9/28)を無料でプレゼントいたします!!枚数や期限があるのでお早めにお申込み下さい。[無料チケットのお申し込みはこちら](https://summit.teamz.co.jp/blockchain-summit-conference-only-coinjinja/)スピーカーと出会う機会…世界クラスのリーダーや専門家が一堂に会し、ブロックチェ
  • ウォレットの復元について

    新しいスマホで新規作成すると、以前のスマホでウォレットにアクセスできなくなりますので、以前のスマホにデータが残っている方は新規作成をしないでください。ウォレット画面右上からシークレットキー(バックアップキー)をバックアップしてください1. 右上のボタンをタップ 2. シークレットキー(バックアップキー)をタップ3. シークレットキーをコピーウォレットを復元したら、以前のスマホではウォレットにアクセスできなくなるのでご注意ください。
  • 暗号通貨に関する最大の問題のいくつかをPlatioはどのようにして解決するのか

    暗号通貨は、経済を変革する大きな可能性を秘めています。 暗号通貨は、支払いをより速くし、財政的な包括性を高め、すべての種類の取引の機能性を高めることができます。 国家の境界が意味をなくし、世界市民が直接迅速に安価に取引ができるような、かつてない真のグローバル経済がすぐ近くに迫ってきているのです。しかし、すべての暗号通貨の利点に関わらず、その特徴のいくつかは、通常の人々やビジネスによって使用される妨げとなっています。市場がこういった問題の解決策を見いだすことができない限り、暗号通貨が広く普及するには困難を伴うでしょう。ロンドンの金融センターの中心に本部を置く国際フィンテックプロジェクト、Plat

コメント