すべて
公開前
進行中
完了
リセット 最低目標金額~$10,000

ICOプロジェクト 3件ヒット

検索条件
並び替え

BuzzShow - オンライン動画に価値をもたらす

BuzzShowは現在、コンテンツ制作者、キュレーター、視聴者の利益を最優先するプラットフォームを提供するためにブロックチェーン技術を採用している完全に開発したソーシャルビデオネットワークサイトです。 BlockChainは、BuzzShowプラットフォーム上でビデオの作成、共有、表示を促進する仮想通貨Goldiesを使用します。 プラットフォームのメンバーはコンテンツ制作者として稼ぐだけでなく、ビデオを共有したり、視聴する際にも稼げます。 最初に完全に開発したソーシャルビデオネットワークであり、関与するすべての人がプラットフォーム上でお金を稼いで収益を得ることができます。
18-03-05 ~ 18-04-04
ICO開始・終了日
完了
ICOステータス
参加可能仮想通貨
その他参加情報

Hive Project - 仮想通貨請求書ファイナンスプラットフォーム

Hive(HVN)は発行されたすべての請求書に指紋認証技術を使用します。 これにより、企業は請求プロセスを自動化し、一般に公開することができます。 したがって、取引のために請求書を市場に提供することができます。 これにより、中小企業が利用できる流動性が急速に高まり、採点と監査に利用可能な請求書の中央データベースを作ります。
17-07-03 ~ 17-08-14
ICO開始・終了日
$8,949,421 調達済み
ICOステータス
参加可能仮想通貨
その他参加情報

StuffGoGo - 分散型モバイル電子商取引プラットフォーム

これはeBay、CraigslistまたはAmazonではありません。 仲介者もサーバーもデータ収集もありません。 私たちは権利をユーザーにお返しします。
17-08-12 ~ 17-09-08
ICO開始・終了日
$239,752 調達済み
参加可能仮想通貨
その他参加情報
  • 1

新着記事

  • エコシステムにおける20の仮想通貨の取扱いを約していたEO.Trade、プレセール最初の1か月ですでに30の仮想通貨を統合

    有力ブローカーが運営する4つのプラットフォームから成るエコシステムは、プラットフォームローンチの暁には30の仮想通貨が決済に利用できるようになると発表した。ホワイトペーパーでは、EOのファイナンシャルウォレットEO.Financeのローンチ時には20の仮想通貨が利用できると約束していたが、公開プレセール最初の1か月のうちにすでに30を超える仮想通貨を配布するに至っている。 EOは、ExpertOption CEOの Ivan Opriaの優れた知能が生み出したエコシステムで、不換通貨取引と仮想通貨取引の融合を図る4つのプラットフォームのローンチ計画により仮想通貨業界に旋風を巻き起こした。E
  • オンラインサロン「コイン相場Club」 1期生募集!

    書類審査、面談をさせていただいた上、指名させていただきます。コイン相場は仮想通貨取引に関わる主要な機能(相場チャート、ニュースキュレーション、ポートフォリオ管理、税金計算、ICO検索、ウィジェット機能など)を網羅した、オールインワンアプリです。DL数におきまして、仮想通貨関連のアプリでは2位、仮想通貨取引所の公式アプリを除く仮想通貨ツールアプリでは1位となっています。「1万人超えの仮想通貨フェスをやろう!」「仮想通貨Vtuberを創ろう!」「トークンエコノミーの原型が見える地方都市ツアーにいこう!」など、既にいくつかの企画が上がって来ていますコイン相場は株式会社COINJINJAが運営元です。
  • 【2018年版】日本の有力な仮想通貨メディア

    今回は、日本国内の有力仮想通貨メディアを紹介していきます。選抜の基準は独断と偏見だったりしますが、基本的にはPV数が大きいものをチョイスしています。全体としては、短めな文章で、海外の最新ニュースを届けているサイトが多いですね。海外のトップ仮想通貨メディアであるCoinTelegraphの日本語版です。
最早日本においては鉄板と言える媒体です。
記事毎に付くアイキャッチ画像が独特で、あー、あのメディアか、と印象に残りやすいですね。国内メディアの中では、最も精力的に動いているメディアさんです。
海外の仮想通貨関連のカンファレンスにも大勢で乗り込んでインタビューを取ってきたり。
日本からも1次情