Thrive - プレミアム分散広告市場

最初のメリトクラティック&コミュニティベースのプレミアム広告市場を確立するのはThriveの究極の目標です。 Thriveはブロックチェーンとスマートコントラクトに基づいています。ブロックチェーンは完全な透明性、100%のデータセキュリティと安全性を保証します。スマートコントラクトは、業界で最も速く保証された支払いを保証します。今日の大きな問題はまだ解決されていません。並行プロフェッショナルレビューに基づいた信頼性の高い合理主義の評判管理メカニズムはウェブサイトの評価とプレミアム広告の配置を保証します。ブランドの安全性と評判はもはや問題にはなりません。スマートコントラクトは、第三者が必要とせずに広告主と出版社を結ぶブロックチェーンの架け橋であり、広告料金を大幅に削減します。初めて、匿名データを自発的に共有しようとする出版社と消費者の両方が金銭的報酬を得ます。今日の何者かは無意識のうちにすでに無料でやっています。 Thrive Labsチームは地域社会と企業の社会的責任を信じているため、地域社会に毎年恒例の寄付プログラムの調査に参加する可能性があります。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
THRT
開始日時
2018-02-15
終了日時
2018-04-05
最高目標
212,000 ETH
初回価格
1 ETH = 500 THRT
トークン供給数
106,000,000
公式サイトへ Owner of Thrive?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Private round - 40%
  • 0 - 10,000 ETH - 30%
  • 10,000 - 25,000 ETH - 25%
  • 25,000 - 50,000 ETH - 20%
  • 50,000 - 100,000 ETH - 15%
  • 100,000 - 150,000 ETH - 10%
  • 150,000+ ETH - 0%

概要

Thriveの最終的な目標は、すべての参加者が利益とプロセスを明確に定義して、最初のメリトックラティック&コミュニティベースのプレミアム広告マーケットプレイスを確立することです。Thriveはコミュニティがビジネスモデルの根幹であると考えているため、消費者、評論者、広告主、出版社など、Ad Market Placeの開発に積極的に貢献しているすべての主要役は経済パフォーマンスを向上させる資格があります。

ユーザーリワード

毎月のインターネットブラウジングでお支払いします。データの価値を引き出します。

プロフェッショナルな審査員

レビューアコミュニティは、サイト運営者のウェブサイトが広告主のプレミアムプレースメントを表すことを保証します。

ウェブサイトリワード

エンドユーザーデータから収益を得ます。 Thriveクライアントは軽くて高速であり、エンドユーザーエクスペリエンスには影響しません。伝統的な収益化システムに加えて追加収益もあります。

効率

ブロックチェーンエコシステムは、業界の効率を飛躍的に向上させます。中間仲介者がいなくても、あなたのビジネスのための手数料や価値創造が少なくて済みます。

レピュテーション

信頼性が高く、透明性があり、持続可能な評判管理メカニズムは、不正行為の危険を確実にします。あなたのブランドはより安全です。

正確さ

革新的なデータ管理プラットフォームにより、顧客の操作に沿ってデータを収集することで、やりとりを改善できます。

重要な日付

プライベートセール:2018年1月15日〜2018年2月5日 ICO第1ラウンド:2018年2月15日〜2018年3月5日 * ICO第2ラウンド:2018年3月15日〜2018年4月5日

チーム

Urs Wälchli
Urs Wälchli
Andre Siegert
Andre Siegert
Charles Attard
Charles Attard

人気ICO記事

  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
  • 韓国のコスメdAppsのCOSMOCHAINと提携のお知らせ

    この度、COINJINJAと韓国発のプロジェクトであるCOSMOCHAINがMOU(基本合意)を結びました。COSMOCHAINが運営している、コスメdAppsである「COSMEE」を仮想通貨アプリ「コイン相場」内からアクセス出来るようになります。将来的には、「COSMEE」を日本語化し、ユーザーが「COSMEE」内で獲得した独自コインのCOSMをコイン相場ウォレットで受け取れるようになります。COSMは既に、韓国のGDAX、Kucoin、HitBTC、IDEXなど複数の仮想通貨取引所で上場しています。「COSMEE」は2018年後半に韓国語でパイロット版を3ヶ月間試験運用を実施し、DAUは3
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!