ImpetusOne - 消費者が実際に見たいオンライン広告

Impetus Oneは、生活目標を達成するためにユーザーに報酬を与えるためにブランドに予算を費やすよう、PPM(Pay Per Mission)という新しい概念を導入することで、現在のパラダイムを混乱させることを目指す広告プラットフォームです。 実生活のポケモン・ゴーのように。 仮想通貨で支払われます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
NUDGE
開始日時
2018-06-05
終了日時
2018-08-03
最低目標
5,000 ETH
最高目標
22,200 ETH
初回価格
1 NUDGE = 0,01 USD
トークン供給数
1,776,600,000
公式サイトへ Owner of ImpetusOne?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率47%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Private Sale - 30%
  • Pre-Sale - 20, 10, 5%
  • 10 ETH - 100 ETH - 5%
  • 100 ETH - 500 ETH - 10%
  • OVER 500 ETH - 20%

概要

Impetus Oneは革新的な広告エンジンであり、オンライン広告のルールを変更しています。 これは、広告主、サイト運営者と顧客との間の相互に有益な関係を介して行われます。 私たちはオンライン広告のパラダイムを変えています。顧客はもはやターゲットではなく、むしろミッション完了原則に基づいて、生態系全体の利益のために報酬を受けるパートナーです。 私たちはすべて、お客様のお金から繁栄しています。 それが経済の仕組みです!

このようにして、広告主は、ビジネスが必要とするミッションを正確に行うために、顧客に強く透明性のあるインセンティブを与える。 広告主は、顧客に直接報酬を与えることにより、ブランドと顧客との間の結束を確立する。

チーム すべてを見る

Samuel Kurtmann
Samuel Kurtmann
CEO
Daniel Kurtmann
Daniel Kurtmann
CMO
Eduard Nuta
Eduard Nuta
CTO
Remus Deac
Remus Deac
Head of Business Development
Adriel Dragan
Adriel Dragan
Lead Mobile Development
Simon Andrei
Simon Andrei
Lead Web UI/UX Designer

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ