ブロックチェーンアクセレーターRooted Partnersを紹介します!

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

コイン相場アプリが韓国有名YouTubeチャンネルで紹介されました

日本と韓国を中心に事業展開をしているアクセレーターRooted Partnersが運営している有名YouTubeチャンネルでコイン相場アプリが紹介されました!

お陰様で韓国市場でのダウンロード数が大変増加しました!とても効果的な宣伝になり感謝の気持ちでいっぱいです!

Rooted Partnersとは?

Rooted Partnersは日本の東京、韓国のソウルで事業展開をしているアクセレーターで、ブロックチェーンプロジェクトのために様々なサービスコンサルティングを提供しています。

彼らは市場分析とブロックチェーン技術に焦点を当てたYouTubeチャンネルの運営を通じ、強大な影響力を持つインフルエンサーとして成長してきました。

そんな彼らのYouTubeチャンネルにコイン相場アプリが紹介されてとても嬉しく思っております。

代表的なサービス

BLOCK LINE - 日本語チャンネル

Rooted Partnersは日本語で情報を発信しているYouTubeチャンネルBlock Lineを運営しております。

2018年の5月に開設され、仮想通貨に関するコンテンツが既に50個以上アップロードされています。

前回COINJINJAのNext Economy Conferenceについてもアナウンスやレビュー動画を作っていただきました!

ナナさんという美女が市況や投資に役立つ情報を発信しておりますのでよろしければぜひチャンネル登録もお願いします!

BLOCK INFO - 韓国語チャンネル

Block Infoも仮想通貨のニュースや重要な話題について韓国語で情報発信をしている高品質なコンテンツを提供しているYouTubeチャンネルです。

また、ブロックチェーン関係者とのインタビュー、およびブロックチェーンプロジェクトについて紹介も行っています。

Block Infoの最初の動画は2017年12月11日にリリースされ、現在200個以上の動画が公開されています。

約21,000人のチャンネル登録者と974,000人以上の人が視聴し韓国で影響力のあるチャンネルの一つです。

7月にはAnnaさんという方がコイン相場アプリについて紹介してくださり韓国内でダウンロード数が爆発的に増えました。

その後、10月にはアナウンサー出身のカヨンさんがより詳しいコイン相場レビューをしてくださいました。 この動画は韓国で一番有名な検索サイトであるNaverのコイン相場、韓国ブログに動画を掲載しております。

Block Ratings - リサーチ・分析サービス

Block Ratingsは仮想通貨市場での新しい情報と重要な情報を提供することに焦点を当てた分析会社です。もちろん日本語対応もしております。

代表的なサービスはICOプロジェクトの格付けと分析でございます。

CoinJinjaで紹介しましたICOプロジェクトの分析、格付けもされておりましてかなり面白いです。

先月、COINJINJAが開催しましたNext Economy Conference 2018に参加され日本人投資家のために有益な情報を提供してくださいました。

韓国と日本の市場にアピールするためにRooted Partnersはとてもいい選択肢だと思っております!

詳しいサービス内容についてはrootedpartners.comをご参考ください。

コインポイン

関連記事

  • ビットコインが安定収入になるアフィ知っていますか?:コインポインのご紹介

    マジ怪しいですよね、このタイトル。というか、一旦こうゆう話は怪しんで下さいね!!(仮想通貨とかあまり知らない方は特に!!)率直に言って、仮想通貨で儲けようなんて話はほぼ詐欺なので、投資とか、変な宣伝手伝っちゃうとかはとても慎重にやった方がいいです。で、今回はこれしかタイトル無かったので、あれなんですが、一応大丈夫な話です。し、詐欺スキームでも無いし、ピュアなアフィリエイト、しかもポイントサイトのスキームなので安心して下さい。今回のコインポインは、です。運営元は、仮想通貨アプリの「コイン相場」です。(正確に言えば、株式会社COINJINJAです。)ユーザーは、Moppyやハピタスといった他の
  • ブロックチェーン版、インスタグラムPIBBLE(ピブル)がα版をリリース

    韓国発のブロックチェーンプロジェクトPIBBLEが6か月間のクローズテストを終え、最近α版をプレイストアとアップストアに公開した。PIBBLEはインスタグラムに似ているがSNS活動をするすべてのユーザーは報酬として使えるポイントがもらえる。暗号資産のウォレット機能を利用できる人であればだれもがこのポイントをPIB(暗号資産)に交換し、世界どこでも利用できるのが大きなメリットである。特に、PIBBLEはインスタグラムにはない写真コマース機能を持っており、誰もが自分が持っている写真を販売用としてアップロードできる。ピブルチームは最近の“スマホのカメラ”について機能が高度化されているため、写真作家で
  • 法改正を理解する:ブロックチェーン注目トピックの良記事まとめvol.2

    2019年5月31日に資金決済法、金融金融商品取引法の改正が国会で成立し、「仮想通貨」が「暗号資産」に改称されたことは知っている人も多いでしょう。一方で、「それで何が変わるの?」「どんな情報を追いかけていけばいいの?」についてはイマイチ自信が持てない方もいると思うので、今回はこの辺りをまとめて行こうと思います。関連記事:大まかな点についてよくまとまっているのは、以下の2つの記事です。仮想通貨Watchアンダーソン・毛利・友常法律事務所後者はやや長く感じられるかもしれませんが、一番ポイントが整理させているものです。最前線の動きについては、Twitter()での書き起こしもかなり有能なので

コメント