ポイント投資ができる不動産クラウドファンディング・Rimple®が2月5日からオープン

更新:

プロパティエージェント株式会社(東証一部)は不動産クラウドファンディングサービスの「Rimple®(リンプル)」 を2020年2月5日にサイトオープンし、投資家登録の受付を開始する事を発表した。

「Rimple®(リンプル)」は、他社が発行するポイントと「リアルエステートコイン®」を交換することで、クレジットカード等のポイントを使い不動産クラウドファンディングに現金出資できるのが特徴となっている。

ポイント交換連携の第一弾は株式会社クレディセゾンの永久不滅ポイントとなる予定だ。

Rimple(リンプル)

不動産クラウドファンディングは、1口1万円からオンラインで不動産投資が行える仕組み。

同事業を営むには、国土交通省に電子取引業務を含む不動産特定共同事業として申請し許可される必要がある。 同社は元々不動産特定共同事業としては許可を得ており、2020年1月28日に、電子取引業務も取り扱えるように変更申請を出し許可されていた

同様の事業を営む会社は、下記の13社が存在する。

  • SYLA FUNDING
  • RENOSY ASSET
  • WARASHIBE
  • X-Crowd
  • FANTAS funding
  • CREAL
  • ジョイントアルファ
  • ASSECLI
  • LANDNET Funding
  • Good Com Fund
  • PARTNERS Funding
  • Afunding
  • ハロー!RENOVATION

Rimple(リンプル)

シェア
COINJINJA編集部(@coinjinja)です。主に仮想通貨、ブロックチェーン関連のニュースをたびたび配信していきます。立ち位置は仮想通貨界隈の大衆紙、毎日正確な情報を適切に配信するというスタンスではありませんのでご注意下さい。