大阪観光大前理事長、大学資金1億円で仮想通貨購入したが、暴落

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    【大阪観光大前理事長、大学資金1億円で仮想通貨購入したが、暴落】

    毎日新聞は、大阪観光大前理事長が大学の運営資金1億円を仮想通貨での運用に流用した疑いがあると報じた。

    大阪観光大学(大阪府熊取町)などを経営する学校法人「明浄(めいじょう)学院」(同)の前理事長の女性(61)が昨年4月、大学の運営資金1億円を関連会社に振り込むよう指示し、同社を通じて仮想通貨(暗号資産)の購入に流用した疑いがあることが、関係者の証言や内部資料で判明した。理事会に諮っておらず、法人内部で問題になり、前理事長は先月22日付で理事長職を辞任。法人は国などから多額の補助金を受けて運営しており、文部科学省が調査に乗り出している。

    参照元:毎日新聞

    『合わせてご覧ください。』

    7/1 持ち逃げ疑惑のプラストークン関係者ら6名がバヌアツで逮捕

    7/1 藤巻議員、仮想通貨税制改正の嘆願書を提出

    今回のビットコインの上昇と2017年の5つの違い

    KAKAOが仕掛けるKlaytnで発行されるトークンが7月coinoneに上場される見込み

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    コインポイン取引所まとめ取引所診断

    関連記事

    コメント