藤巻議員、仮想通貨税制改正の嘆願書を提出

藤巻議員、仮想通貨税制改正の嘆願書を提出

更新:

【藤巻議員、仮想通貨税制改正の嘆願書を国会に提出】

日本維新の会の参議院議員、藤巻健史氏は6月30日、衆議院議長並びに衆議院議長あてに仮想通貨税制改正の嘆願書を提出したことをツイッターを通じて明らかにした。また、今年の初めに仮想通貨メディアコインテレグラフとのインタビューで「税金というのは単にお金を集めるというのではなく、国の方向を決める」と仮想通貨の税制改正の重要性話したという。参照元

嘆願書の主な内容

一 仮想通貨の売買益を最高税率55%の総合課税から20%の分離課税へ変更すること

二 仮想通貨売買損の繰越控除を可能にすること

三 仮想通貨の売買を非課税にすること

四 店頭などでの仮想通貨の少額決済を非課税にすること

『合わせてご覧ください。』

シェア
COINJINJA編集部(@coinjinja)です。主に仮想通貨、ブロックチェーン関連のニュースをたびたび配信していきます。立ち位置は仮想通貨界隈の大衆紙、毎日正確な情報を適切に配信するというスタンスではありませんのでご注意下さい。