国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

Yu Numazaki
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。

実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。

2017年や2018年はまだ、

「ICOの可能性があるんじゃない!?」

とか

「海外のファンドから調達しよう」

なんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。

色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。

というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。

直近6ヶ月のブロックチェーンスタートアップ資金調達まとめ(2019年2月)

enter image description here

一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう。

ブロックチェーンゲーム

CryptoKittiesがA16ZやUSVから12MUSD(約13億円)調達したことを踏まえると、日本ってやっぱ小粒なのかな、という感はあります。

が、MCH(My Crypto Heros)の2億円の調達はインパクトがありますよね。

NFTのマーケットが出来始めているので、ブロックチェーンの周辺エコシステム像は形になり始めています。

税務支援サービス

Aerial PartnersとCryptactはここまで、2.2億と3.3億を調達していて、金額としては大きいです。

他のサービスと比較すると、税務支援の部分は日本円での売上が比較的立ちやすく、また個人向けでは確定申告、企業向けにもサービス展開を出来る事を考えると、 他のスタートアップに比べると、かなり明確にニーズと収益化の部分が見えている分野です。

C向けサービス

かなり強引に括ってしまいました。

PolipoliとかGaudiyとか、B(P)側に課金ポイントがありそうなので、正確にはC向けでは無さそうですね。

勿論実績ありきですが、このジャンルではValuの5億というのは頭1つ2つ抜けています。

もう少し、トークンエコノミーという捉え方で枠を広げると、ALISやFever、Timebank、そろそろリリースしそうなFinancieなどプレイヤーが多い領域です。

以上、簡単にですが、国内ブロックチェーンスタートアップの資金調達事情についてまとめてみました。

今年はここから更にプレイヤーが増えていくのか。ある程度PMFが見えて、追加の資金調達がなされていくのか。

引き続き追いかけていきたいです。


著者:Yu Numazaki

Focused on driving growth for CoinJinja.com, a top ICO search engine, and CoinView, the world's best all-in-one cryptocurrency portfolio management app available for iOS and Android.

Twitter :@yu_numazaki

WebSite:CoinView - Best all-in-one cryptocurrency portfolio management app

enter image description here

コインポイン

関連記事

  • ビットコインが安定収入になるアフィ知っていますか?:コインポインのご紹介

    マジ怪しいですよね、このタイトル。というか、一旦こうゆう話は怪しんで下さいね!!(仮想通貨とかあまり知らない方は特に!!)率直に言って、仮想通貨で儲けようなんて話はほぼ詐欺なので、投資とか、変な宣伝手伝っちゃうとかはとても慎重にやった方がいいです。で、今回はこれしかタイトル無かったので、あれなんですが、一応大丈夫な話です。し、詐欺スキームでも無いし、ピュアなアフィリエイト、しかもポイントサイトのスキームなので安心して下さい。今回のコインポインは、です。運営元は、仮想通貨アプリの「コイン相場」です。(正確に言えば、株式会社COINJINJAです。)ユーザーは、Moppyやハピタスといった他の
  • ブロックチェーン版、インスタグラムPIBBLE(ピブル)がα版をリリース

    韓国発のブロックチェーンプロジェクトPIBBLEが6か月間のクローズテストを終え、最近α版をプレイストアとアップストアに公開した。PIBBLEはインスタグラムに似ているがSNS活動をするすべてのユーザーは報酬として使えるポイントがもらえる。暗号資産のウォレット機能を利用できる人であればだれもがこのポイントをPIB(暗号資産)に交換し、世界どこでも利用できるのが大きなメリットである。特に、PIBBLEはインスタグラムにはない写真コマース機能を持っており、誰もが自分が持っている写真を販売用としてアップロードできる。ピブルチームは最近の“スマホのカメラ”について機能が高度化されているため、写真作家で
  • 法改正を理解する:ブロックチェーン注目トピックの良記事まとめvol.2

    2019年5月31日に資金決済法、金融金融商品取引法の改正が国会で成立し、「仮想通貨」が「暗号資産」に改称されたことは知っている人も多いでしょう。一方で、「それで何が変わるの?」「どんな情報を追いかけていけばいいの?」についてはイマイチ自信が持てない方もいると思うので、今回はこの辺りをまとめて行こうと思います。関連記事:大まかな点についてよくまとまっているのは、以下の2つの記事です。仮想通貨Watchアンダーソン・毛利・友常法律事務所後者はやや長く感じられるかもしれませんが、一番ポイントが整理させているものです。最前線の動きについては、Twitter()での書き起こしもかなり有能なので

コメント