国産グルメSNS「シンクロライフ」(SynchroLife)がICO済のトークン報酬の導入を開始

Yu Numazaki
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

日々、「国産コイン」で動いているサービスって殆ど無いよね、というのが口癖になっているのは著者だけでは無いはずだ。

動いているという意味では最も動いているサービスが、実はある。

知らない方も多いと思うが、2017年9月に香港法人SynchroLife, LimitedでICOを行っていた、グルメSNS「シンクロライフ」(SynchroLife)に、本日からトークン報酬が導入された。

導入されたシンクロコインは、レビューを書いた方に対して報酬として配布されていく予定だ。

今後は、店舗決済自体に使え、ユーザーにも還元されるという仕組みになっている。

enter image description here

「シンクロライフ」(SynchroLife)について

昨年のICO以前からプロダクト自体は公開されており、ユーザーもいる状態であった。

現在、シンクロライフには17万件以上のレビュー、そして42万枚の写真が掲載されています。全登録ユーザーのうち19.68%のユーザーによりレビューが提供されています。(一般的には平均のレビュー投稿率は5%以下と言われています。※当社調べ)

運営会社リリースより

数字からも分かるが、食べログ等の競合サイトと比べると、写真を中心にコメントが書きやすい仕様になっている。

また、ユーザー層も所謂グルメ好き、ライフスタイルの中で、食の優先順位が高い方が中心になっているのが差別化の要素になっている。

CEOの神谷氏は「既存のグルメサイトでは本当に自分が食べたい、美味しい店が見つからない」と常々言っており、彼自身がそもそも美味しい店を見つけるのがライフワークになっている。

これは、他のチームメンバーも同じで、運営としてというよりは、SynchroLifeのヘビーユーザーとしてユーザーには認知されている。

enter image description here

SynchroLifeは独自のトークンエコノミーを作れるのか

次のマイルストーンは、

  • トークンの上場
  • 店舗決済の導入

の2つになるだろう。

トークンの上場に関しては2018年の8月中予定だ。

店舗決済に関しては、加盟店へで飲食代金の1%以上のトークンをユーザーに還元し始めるのが2018年10月-11月予定。

店舗決済自体は、2019年4月-6月にスタートを予定している。

また、ビジネス的な観点で考えると、実際にユーザーがいる中で日々オススメのお店を表示するAIがプロダクトの差別化の肝になっている。

AIとトークンで既存の競合に勝てるの?という疑問に関しては直接答えられないが、

グルメ好きと、良質な店舗という少しニッチなカテゴリに向けたサービスだと考えると、

ユーザーのアクティブ率も高く、コミュニティ形成が肝になってくるトークンエコノミーとは相性はいいサービスだ。

ニッチで、モチベーションが高いコミュニティを形成出来る分野は、他にもありそうなので、実際に動く、トークンエコノミックなサービスは、今後もどんどん増えていって欲しい。

【SynchroLifeのアプリ】

■iPhone:https://itunes.apple.com/jp/app/id557532449

■Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.synchrolife&hl=ja


著者:Yu Numazaki

Focused on driving growth for CoinJinja.com, a top ICO search engine, and CoinView, the world's best all-in-one cryptocurrency portfolio management app available for iOS and Android.

Twitter :@yu_numazaki

WebSite:CoinView - Best all-in-one cryptocurrency portfolio management app

enter image description here

関連記事

  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

コメント