仮想通貨投機の一番スマートなはじめかた

ヤバイWEB屋さん
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

やぁみんな

YouTubeでヤバイWEB屋たんの資産運用チャンネルという

資産運用関連の情報を発信するチャンネルを運営している

ヤバイWEB屋さん

と言うものだ

今日は 仮想通貨投機を始めたい けど

どうすればいいかわからない

という人のために

仮想通貨投機を始める3つの手順

について書いていく

ざっと簡単にあげると以下の3つだ

  1. 3つの仮想通貨取引所に登録せよ
  2. 仮想通貨について勉強せよ
  3. 5つのTwitterアカウントをフォローせよ

それぞれ詳しく説明していこう

いきなり大金を突っ込むな

まず、大前提として仮想通貨についてある程度理解が及ぶまでは

大金を突っ込むのは危険だ

仮想通貨は

ボラティリティ(値動き)

がいまだに激しい

いきなり大金を突っ込むと

値動きばかりが気になって

しまい

精神的によくないだろう

仮想通貨は

少額からでも始めることができる

1000円からでもビットコインやイーサーなどの仮想通貨を購入することは可能だ

自分はまず

1000円から参入するのがいいと思う

そんなんじゃ満足できないという変態は10万円でも100万円でも突っ込めばいい

そのような変態は対象にしていないのでそっとこのページを閉じて欲しい

投資初心者でも購入するという点にだけ焦点をあてれば

かなり参入障壁が低い

その割に仮想通貨は理解しようとすると

なかなか奥が深い

おそらく仮想通貨を購入している人でも

ブロックチェーンやテクノロジーに関して知見が深い人は

ほんのごくわずかだ

参入障壁が低いがゆえ、

お金目的の投機家たちが集っている

技術のことよりお金の計算が得意な連中が多いというのが現状だと言える

そういった連中の

ポジショントーク(ポジトーク)

つまり、「これ買うといいよ!」という発言には十分注意しよう

そのあたりの詳しい話しは前に記事を書いたので

以下の記事を一通り読んでみてほしい

▶︎ ブロガーから仮想通貨を買うな!仮想通貨投機でモテたいなら抑えておきたい3つの心得

さて、大前提の話が終わったところで

本題の仮想通貨投機を始めるための3つの手順について書いていく

1. 3つの仮想通貨取引所に登録せよ

まずは、以下の3つの仮想通貨取引所に登録するのがいい

その理由は単純で

国内で取り扱いのある仮想通貨を全てカバーできる

からだ(2018年7月23日時点)

とりあえず現時点での話だが

国内で取引する分には

この3つを登録しておけば大丈夫だろう

ただ、今後はもしかすると他の取引所でしか手に入らない

仮想通貨が出てくることも考えられる

そして登録してから実際に取引できるまでに

1~2週間くらいかかることもある

なので、気になる仮想通貨取引所にはあらかじめ登録しておくのが

いざというときには役立つかもしれないからおすすめしておく

実際には上記の取引所を合わせた6つを登録しておけば

そこまで困ることはないだろう

2. 仮想通貨について勉強せよ

次に大事になるのは仮想通貨について学ぶことだ

このサイトが非常に勉強になるから一通り目を通すことをオススメする

▶︎ 仮想通貨(ビットコイン)の基礎知識

また、プログラマーの知識が必要な部分が多いが

非プログラマーでも読める内容のものも含まれていて

非常にわかりやすいので以下の本を読むのもおすすめだ

▶︎ ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書

まずは、しっかり仮想通貨について学んで

自分なりの仮想通貨への考え(視点)をもつようにしよう

仮想通貨についてある程度知識がついてきたら

下のリンクにある動画で紹介しているアプリをダウンロードして

色々みて見るといいだろう

▶︎ ホットな情報が分かる!最強の仮想通貨アプリ!MyToken(マイトークン)の使い方を紹介!

このアプリで様々な仮想通貨を知ることができるだろう

あとは個人的に利用するサイトとして

特定仮想通貨のイベント日などを検索できるサイトがある

▶︎ coinmarketcal

気になった仮想通貨があったら

このサイトで今後どのようなイベントがあるか調べて見るといいだろう

3. 5つのTwitterアカウントをフォローせよ

あとは定期的に仮想通貨の情報をキャッチアップしていくことが重要だ

ただ最初にも言った通り、仮想通貨界隈はポジトークの嵐だ

まだまだ規制が入っていないこともあって

「株なら違法でしょ」みたいなことも散見される

そのため、他人の意見に流されてクソみたいなコインを買ってしまうこともあるかもしれない

そのためには ポジトーク少なめの有益なアカウント をフォローして

情報をキャッチアップせねばならない

そこで自分がオススメする厳選されたアカウントが以下の5つだ

これらのアカウントをフォローしておけば特に仮想通貨情報で困ることはないだろう

我ながらかなり厳選した優良アカウント揃いだと思う

ぶっちゃけこれらをフォローしておけば他のアカウントはフォローする必要がないだろう

仮想通貨は投機

最初にも言ったが、

いまもまだテクノロジーよりもお金目的で参入している人が大多数を占めているのが

この仮想通貨界隈だ

本当は1日もはやくみんながテクノロジーの方に注目するようになってほしいが

取引マイニングなんていうひどい手法もでてきている

お金儲けも大事だがあくまでもそれは入り口にして

もっといろんな人がテクノロジーに注目するようになると嬉しいなと個人的には思う

この本は本当におすすめなので

ぜひ読んでみてほしい

▶︎ ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書


著者:ヤバイWEB屋さん

いまさら任天堂スイッチを買ってゼルダにどハマりしているプログラマー

資産運用関連のYouTube動画を配信中

チャンネル登録者数1000人を目指してます

YouTube:ヤバイWEB屋たんの資産運用チャンネル

Twitter:ヤバイWEB屋さん

WebSite:資産運用系ユーチューバー

ヤバイWEB屋さん

関連記事

  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

コメント