QuarkChain日本ミートアップから感じたこと

ペペカルト
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

皆様、こんにちは。ペペカルトです。

生きましょう。

QuarkChain東京Meetupに行って来ましたので、色々と書きたいと思います。

QuarkChainとは

主な目標は、オンチェーンで毎秒10万以上のトラザクションを捌くことです。もちろん、これ以外にも色々あります。

QuarkChainは話題になったこともあり、様々なブログやメディアがわかりやすく説明していますので、詳しいことはそちらに譲ります。ググレばたくさん出てきます。

QuarkChain日本ミートアップ

ミートアップは東京の茅場町で行われました。兜町が近いせいか、証券会社がたくさんありました。

平日はおそらくサラリーマンがたくさんいると思いますが、日曜日はまったくいませんでしたw。これまじで東京?ってレベルですw

簡単流れを説明すると、QuarkChain,Playtable,EONの順でどのようなプロジェクトかのプレゼンがあり、その後は交流タイムといった感じです。

enter image description here

enter image description here

Tシャツかバックを無料で戴くことができました。 私はバックを選びましたw

enter image description here

QuarkChain CEO

enter image description here

Playtable CEO

enter image description here

EON CEO

通訳の方が、ICOや技術的な部分に詳しいこともあり、非常にわかりやすく訳してくれました。事前の打ち合わせ等があったとしても、仮想通貨の仕組みがまったく分からない人だと厳しかったと思います。

今回のミートアップから感じたこと

これかなり重要なことなのですが、ミートアップというリアルでの集まりだと、どのような人が来ているのか、熱量はどのくらいなのかなどを体感することができます。今回はガチ勢が多いなと感じましたw

実際、応募多数で増席とのことでしたが、かなり余裕のある感じでした。

間を空けて座れる感じでしたね。無料だと行かなくてもええやっていう感情が生まれてしまうのは分かりますが笑

NEM東京ミートアップは満席で、こんなにも人が来るのか!と思ったほどです。

正直な感想としては、イベント系の混み具合は相場によって左右されるということですね笑

こんな時だからこそ色々な所に行くべし!

今回のミートアップは無料でした。

得ることのできたもの

  • 普段なら会うことのできない人たちと会える ※業界にもよると思いますが、私のまわりには居ないような人達と楽しく話すことができました
  • エアドロップ♪
  • プロジェクトのリーダーと直接話すことができる ※VCから支援を受けているプロジェクトのリーダーと話す機会なんて、一部の人を除いて、無いものだと思います。私個人ではかなり貴重な機会でした
  • Tシャツかトートバック(無料)
  • アルコールと軽食(笑)

必要だったもの

  • 交通費
  • 少しの体力
  • 時間

無料なのに凄くないですか!?

仮想通貨系のイベント探していると無料のやつは、Scam臭むんむんなのがほとんどですが、今回は逆に無料でええの!??って思うレベルでした。

面白そうなイベントがあって、時間などが許せば行くべし!

[過去の記事]

SCAM ICO突撃シリーズ①

まだガラパゴス島で消耗してるの?

memeって知ってる?

これは見逃せないでしょー!

彼らの存在に気づくんだ。VC編


著者:ペペカルト

個別株、投資信託、仮想通貨への投資が趣味。

Twitter :@CultPepe

enter image description here

関連記事

  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

コメント